2017年06月05日 配信

6/5(月)アンデルセン公園近くの「ふなから」が新メニュー
から揚げ専門なのに「カレー」に「牛丼」、2号店出店も

 img_7989hunakara img_7988hunakara

 ふなばしアンデルセン公園の前で順調に営業を続けるから揚げ専門店「ふなから」(船橋市豊富町649-61 TEL047-404-1441)で新メニューを開発、新メニューに「ふなからカレー」と「ふなから牛丼」まで加わった。

 同店で新メニュー作りを担当するのは調理師免許も持つ代表の祐川覚さん(45)。「から揚げなら簡単に作れるから」と始めた同店だったが、から揚げに様々な工夫を加えるうちに新メニューの構想が浮かび試作品作りに没頭してしまいつい新作を増やしてしまったのだいう。

 「ふなからカレー」(500円)は、カレー専門店も顔負け、スパイスからカレーを作り上げる。仕上げに、ふなからの大サイズをカットしてトッピングする。

 「ふなから牛丼」(550円)は、すき焼き風のタレもオリジナルで作成。こちらは、ご飯250グラムに対してふなから普通サイズを3つにすき焼風の牛肉をトッピングする。カレーは、5月に販売を開始し、から揚げ弁当を凌ぐ勢いで注文が殺到。6月からは、牛丼も後を追って販売開始する。これらの新メニュー含めた同店の広報については、グルメサイトを使わずにFACEBOOKなどのSNSのみで宣伝。これまでの飲食店が持っている常識を覆して純粋な口コミだけでの集客に成功している。

 認知度の向上に伴ってふなばしアンデルセン公園(金堀町525)帰りの利用客も増加。同公園の近くにあるスポットとして詳細を検索されてからの来店が増えているという。その為、同公園に定休日も合わせ、最近は月曜日を定休日に変更した。

 1号店オープンからわずか半年だが、会社も法人化。すでに鎌ヶ谷市内に予定している2号店の不動産の交渉も始まっているという。「調理が簡単なから揚げを、物理の力で超音波調理するドクターフライを使う事でもっと簡単スピーディーにしました。マニュアルが簡単なので、すでに2号店以降の出店も視野に入っています」と、祐川さんは笑顔で話す。

 営業時間、営業時間は、11時~14時、15時~20時。月曜定休。

  hunakara
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ