2017年05月08日 配信

5/8(月)まきの米店主催の「家族で米作り体験」
今年もいすみ市・匝瑳市・鎌ヶ谷市などで

img_3697taue  

  下総中山駅近くに店舗を構えるまきの米店(船橋市市本中山3-1-5 TEL047-334-1915)が主催する食育と米食の普及、地方創生を兼ねた企画「家族でお米作り体験」が今年も始まった。

 同企画は、まきの米店が昔から県内の生産者と協力して実施してきたもので、現在はいすみ市・匝瑳市という県内の米どころだけでなく、鎌ヶ谷市(ファイターズタウン鎌ヶ谷)、船橋市(西武百貨店船橋店)など船橋近隣でも行われるようになり、企業からの引き合いもあって複数地域で行われるようになっている。

 今回行われたのは、5月7日にいすみ市のJAいすみ夷隅・岬経済センター裏の田んぼで行われたもので100人を超える家族連れが田植え体験を楽しんだ。

 主宰のまきの米店代表牧野基明さんは、商業施設の催事なども複数手掛けるアイディアマン。同企画でも、地域の良さをアピールする工夫がとられており、回を追うごとに内容がグレードアップしている。

 この日行われた企画では、田植え体験を行うだけでなく、船橋市内の給食でも提供されている事で馴染み深い「八千代牛乳」生産者の高秀牧場とコラボし、搾乳体験を実施。1人あたり1,500円の参加費には地元産の米と高秀牧場のジェラート引換券がついてくるなど生産者や地元の産品を自然に知る事の出来る工夫が凝らされている。

 イトーヨーカドーとのコラボで今年は5月27日に実施予定の匝瑳市飯高寺の企画では、産地と関東における日蓮宗の主要な壇林の一つで「飯高壇林」とも呼ばれる飯高寺の歴史を体験できる散策がセットになっている。

 今季は、5月28日に匝瑳市で実施予定の家族でお米作り体験は5月7日現在でも参加応募を受け付け中だが、同店の企画は募集開始と同時にすぐに埋まってしまうのだという。「リピーターの方も多いですね。毎年、同じ会場で顔を見る方もチラホラ。お互いに子どもの成長を楽しみにするコミュニティも出来つつあります」と、家族で参加の男性。

 田植えだけでなく稲刈り体験も実施、開催時期によってはとうもろこし狩り体験やピーマンもぎ体験、かかし作り体験なども実施する。子ども達だけでなく大人も好奇心を刺激されるようなワクワクさせられる企画が多数用意されている。

img_3655taue img_3668tauwe
img_3693ytaue img_3703taue
img_3762taue img_3767taue
img_3813taue img_3804taue
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
高根小学校で第33年目の米作り体験活動、同小学校卒業生が先生... 5/10(水)高根小学校で第33年目の米作り体験活 先生を務めた農家は全員卒業生        創立133年になる高根小学校(船橋市高根町2895、TEL 047-438-2237)で5月9日、2~6年生(1年生は見学)が3...
ふなばし市民文化ホールで「船橋市学校給食展」、給食を通してふ... 2/3(土)市民文化ホールで「船橋市学校給食展」 給食を通して“ふるさと船橋の味”を子どもたちへ    船橋市民文化ホール(船橋市本町2-2-5)で「広げよう!ふなばしの食育~育もう 心と体 ふるさとの船橋の給食で」をテーマとした「船橋市学校給食展」が2月...
特別支援市川大野高校で第5回ハンドメイドショップ、開校5年毎... 2/4(土)特別支援市川大野高校で第5回ハンドメイドショップ 開校5年毎年開催 農業コースの生徒が作った無農薬の野菜  県立特別支援学校市川大野高校(市川市大野町4-2274、TEL 047-303-8011)で2月18日、「本物の働く力を育み、笑顔輝く生徒...
船橋産食材などを使った学校給食が市役所食堂で、学校給食展と学... 1/17(火)船橋産食材などを使った学校給食が市役所食堂で 学校給食展と学校給食フェア    船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)の地下1階食堂で現在、船橋市の学校給食を味わえる「学校給食フェア」を開催している。  同企画は、市役所食堂で...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ