2016年08月03日 配信

8/3(水)ふなばしアンデルセン公園で入園者数1000万人達成

イベントドームで記念式典

annderusenkouenraijyou1000mannnin-1  
   

 ふなばしアンデルセン公園(船橋市金堀町525、TEL 047-457-6627)で7月31日、オープン以来の入園者数が1000万人に達し記念式典が行われた。

 同園は1996年10月に開園し、2007年に全国都市緑化ふなばしフェアの会場になったことで大幅に入園者数を増やし、2008年入園者数500万人を突破した。

 2014年には「花と緑のフェア」を開催したことから入園者が過去最高を記録、2015年に旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」が公開している「日本の人気アミューズメントパーク TOP10」で3位になったことで来場者数も前年比1.5倍になった。そして今回、入園者数1000万人という快挙を達成。

 記念すべき1000万人目の来場者となったのは、午前10時ごろに南ゲートから入場した船橋市三咲に住む谷本貴央さん(27)一家。

 谷本さんは3年前に埼玉県から船橋市に転入、妻の咲さん、4歳の長女葵さんと1歳の次女柚季さんと一緒に、「自宅から近いこともあり手軽に遊べる場所として、年間パスポートを所有し月に2回ほどは足を運ぶ」とのこと。同公園の魅力について「広い場所で水遊びや変形自動車、動物と触れ合えるなど、いろいろな遊びができるところ」と話す。

 同園の「入園者数」は、当該機関における「当日入園券売り上げ数」「前売り入園券売り上げ数」「年間パスポートによる入園者数」「65歳以上の高齢者等、入園料免除の入園者数」の合計を計上している。

関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ