2017年10月04日 配信

10/4(水)「第26回海老川・長津川福像巡り」
14の福像を巡りながら川沿いをウォーキング

sannkasya  
   

 今年で26回目を迎えるウォーキングイベント「海老川・長津川福像巡り」が10月1日、NPO法人「環境を考える市民の会」の主催で開催された。  

 同企画は海老川の環境整備活動に賛同した市民の寄付により、14カ所に建立された「清水弁天像」や「ほていあおいの命像」「しじみ弁天」などの「福像」を歩いて巡ることで、海老川の自然に親しみを持ってもらうというもの。 

 参加は無料。誰でも参加ができるが、各福像のいずれかで参加券(300円)を購入すると、スタンプラリーやクイズ、じゃんけんゲーム、折り紙、防災ロープ結びなどのイベントにも参加することができる。 

 当日は9時から午後3時まで開催。10時半からは船橋市地方卸売市場(船橋市市場1-8-1)内でセレモニーが行われ、船橋市副市長の尾原淳之氏も応援に駆け付けた。

 ウォーキングコースは散歩コース(2km)、親水コース(4km)、家族コース(11km)、健康コース(全行程約13㎞)の4コースを設定。コース通りに歩かなくても、開催時間内に5カ所以上の福像でスタンプを押印すると、完歩証を発行している。

 三山から小学生の子どもと初参加した30代の母親は「ただ歩くだけではなく、スタンプラリーやイベントを行っているので子どもも飽きずに楽しめた。来年も是非来たい」と話した。

 「環境を考える市民の会」の代表鷲見さんは「お天気にも恵まれ、今年も大勢の方が楽しんでくれたのでよかった。親子連れの方も多く、いろいろなコースがあり自分のペースでウォーキングできるのが好評。毎年参加している方もいて、たくさん貯まったスタンプラリーの台紙を見せてくれる方もいるんですよ」と笑顔で話した。

%e3%81%bb%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%82%e3%81%8a%e3%81%84 %e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88
ほてい葵の命像 イベントを楽しむ参加者
s__3276831 s__3276829
尾原淳之氏 同企画スタッフ
   

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ