2016年02月01日 配信

船橋を中心に近隣市の薬剤師で組織されている船橋薬剤師会とはどのような組織なのだろうか
船橋薬剤師会が市民に対して生活とかかわりの深い事業や働き掛けている事など様々な話をうかがった

201601_doi.jpg

船橋薬剤師会とはどのような組織ですか?

船橋市と鎌ヶ谷市の薬局278件の薬剤師が加盟する組織で、船橋市医師会や船橋歯科医師会などと連携して地域の医療ネットワーク(船橋在宅医療ひまわりネットワーク)を構築しています。薬剤師の仕事は、お年寄りから子どもまで幅広い人が使用する「薬」を、皆さんの手に届くまでのすべての過程でその安全性に責任を負っている仕事です。

船橋市民とはどのような関わりがありますか?

薬剤師は医師・歯科医師・看護師・ケアマネジャー・ヘルパーなどと連携をとり、自宅や施設に訪問して服薬指導、薬剤管理を行っています。夜間休日診療所でも薬剤師が投薬などを担当しています。
薬局では調剤を行いますが、一般用医薬品によるセルフメディケーションの相談などに応じるのも本来薬局の大切な役割です。薬局は処方箋に基づく調剤や一般用医薬品の販売、在宅医療への取組等を通じて市民の皆様の健康と安全・安心の確保に努めています。今、国からの指導でかかりつけ薬局又は、薬剤師を持つことが促進されています。これによって、薬の重複を防ぎ、残薬を減らし、注意する飲み合わせなどを相談できる薬剤師を見付けてもらう取り組みです。
また、あまり知られていないのですが「学校薬剤師」という制度があり、両市内の全ての学校を、85人の薬剤師が教室の空気や明るさ、給食室の衛生管理ほか、学校保健安全法に基づき各種検査を行っています。覚せい剤など薬物乱用防止の教室も学校で開催し指導を行っています。

そういえば、ふなっしーのうちわも制作されましたね。

船橋薬剤師会と、船橋市保健所が協力して薬物乱用防止運動を行っており、この普及活動に対してふなっしーの了解を得てうちわを制作させて頂きました。このうちわは思いのほか人気が高く、活動の普及に関して一定の成果を出せました。

薬剤師会会長として市民に対して何かありますか?

みなさん、おくすり手帳は常に持ち歩いていますか?医療機関や市販の薬、アレルギーの有無、副作用のあった薬等、病気にかかっていなくても健康状態を記入し一冊にまとめ、緊急時や災害時に備えて常に携帯しましょう。

最後に土居さんゆかりの船橋は?

最近話題のふなばしアンデルセン公園です。前身の「わんぱく王国」時代に数トンある大きな石をくじら石と名付け、私が所属する船橋中央ライオンズクラブで平成3年に寄贈していることもあり、特に思い入れのある場所ですね。

201601_doi_pf.jpg 土居 純一(どい じゅんいち)氏

プロフィール

昭和25年 4月生まれ
昭和49年 日本大学理工学部 薬学科(現 薬学部)卒業
昭和54年 ドイ薬局創業(習志野台)
昭和56年 社団法人船橋薬剤師会 理事
昭和63年 高根台店開局 代表取締役就任
平成5年 社団法人千葉県薬剤師会常任理事
平成13年 花見川店開局
平成14年 アネックス開局(高根台)船橋薬剤師会 副会長
平成18年より 現職
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ