2015年01月01日 配信

201501_school_main.jpg

市立船橋高校 陸上部

13年ぶり高校駅伝アベック出場

部員数/男子27人 女子31人 総監督/太田真樹 男子監督/中村 康やすし 女子監督/高橋孝典

201501_school_main2.jpg

女子は7年振り18回目、男子は4年振り17回目の駅伝出場

市立船橋高校陸上競技部が男女そろっ てだと 13 年ぶりとなる高校駅伝出場を決 めた。同部は、市民にも親しみの深い、 海老川ジョギングロードで練習している。 同校卒業生で世界陸上金メダリスト鈴木 博美選手やオリンピック銀メダリスト有 森裕子選手も練習したコースだ。市民の 中には「頑張ってね」「応援に行くからね」 と温かい声援をおくってくれたり、自主 的な寄付を募ってくれる人もいるという。
高い目標を共有し、楽しみながら一緒 に強くなれる環境に惹かれ、多くの中学 生が県内から集う。「駅伝は選手たちが 各中継地点に散らばれば、あとは天候や コンディションを考えて自分で調整する 競技。そのため自主性が大切」と、女子 部監督であり、ОBでもある高橋孝典さ ん。かの小出義雄監督が同部の顧問を務 めていた当時の陸上部員だ。「ここで学 んだ3年間はかけがえのないもの。仲間 と一緒に歯を食いしばった経験を大切に してほしい」と、高橋監督は部員たちへ の思いを語った。

 
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ