2014年08月01日 配信

201408_pickup_1a.jpg

ふなっこ畑で赤大根やズッキーニ、二十日大根などの一風変わった野菜を見かけることがある。市場への枝豆・小松菜の出荷をメーンにしているが、2年ほど前から小ロットでカボチャ、大根、茶豆風の枝豆、トマトなどをふなっこ畑に出荷している田中大介さん(24)の野菜だ。大介さんは、オリジナルブランド「大介の夏野菜」を打ち出し、旬な夏野菜を効果的にPRするなど新機軸を打ち立てる。中学校時代から「将来は家業を継いで農業をしよう」と決めていたという大介さん。プライベートでは大学時代の友人とスノーボードに出かけ、マラソン大会などにも精力的に参加するスポーツマンだ。これまでにホノルルや湘南などのマラソン大会で完走している。

ふなっこ畑は「お客さんの反応がダイレクトに返ってくるので楽しい。おいしい野菜を作るとすぐに売り切れるので、お客さんに認められているんだなぁと実感します」と笑顔をみせる。日々こまめに世話をし、美味しくて安心な野菜を作る事を心がける。「将来は葉付き枝豆を船橋の人みんなに知ってもらいたい。こんなに美味しい野菜が船橋にあるんだよって」と語ってくれた。

◆ふなっこ畑

住所 船橋市行田3-7-1
電話番号 047-439-3061
営業時間 9:30~18:00
定休日 火曜日
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
IT企業からの転職で就農。 ふなっこ畑に小松菜、ほうれん草と... 髙中吉彦さん(50)は、日大理工学部を卒業し、IT企業で10年間制御系のシステムエンジニアとして活躍、妻の啓公(けいこ)さんと結婚した時は、ずっとサラリーマンとして働いていく予定だった。ところが、当時、ソフトウェア開発の仕事は激務中の激務、連日の昼夜問わずの仕事で将来のことを考えるようになり、...
ふなっこ畑に納める枝豆、小松菜。旬を逃さず、おいしさのピーク... 法典西小学校( 船橋市上山町1) 近く、3000平方メートルの畑で野菜を栽培する大塚宏隆さんは、「旬な時期に旬なものを食べるのが一番体にもいい、栄養価も高いし、育てるのも楽」と、ハウスを一切使わない『露地栽培』の良さを語る。 「実がぎっしり詰まっている」と人気の枝豆は、「さや娘」や「湯あがり...
「小松菜」と「枝豆」 船橋の2大ブランド野菜をふなっこ畑に出... ふなっこ畑には「小松菜」と「枝豆」をメーンに出荷。トマト、キャベツ、白菜、大根、ピーマン、ナス、そら豆なども「Aコープ」時代から出荷している。大学卒業後、種苗会社で勉強し23才で本格的に農業を始めた。「美味しい!といってもらえるように味と見た目にはこだわっています」と均さん。おいしい野菜の秘訣はア...
ふなっこ畑の一角で始めた屋台販売 焼き立ての窯焼きピザを提供... ふなっこ畑の一角で平成24年秋ごろから屋台でのピザ販売を始めたのは、船橋市役所からほど近い国道14号線沿いにある「街のピザ屋コンパーレ・コマーレ」の店主吉田雅昭さん。ふなっこ畑がオープンしたのを機に、地元小松菜農家の紹介で屋台販売を始めたという。現在第一・第三月曜に出店している。店舗同様、屋台...
公務員を退職後、亡き父の畑を継ぐ 就農して知った父の存在の大... ふなっこ畑にブルーベリー、ほうれん草、小松菜、大根、枝豆などを出荷している平田秀行さん(62)。就農して3年になるが、先祖代々から引き継ぐ土地(1200坪)を使い、3年前に他界した父に代わって農業と真剣に向き合っている。 国家公務員として働いていた平田さん。180度違った畑違いの仕事への挑...
会社員退職後、第二の人生で就農 父の残した畑で80歳まで現役... ふなっこ畑に、春から夏にかけては枝豆、冬は長ネギやブロッコリーをメーンに小松菜やホウレンソウ、つるなしインゲンを出荷する桃井功(いさお)さん(72)。約260坪の畑を定年後に耕作している。父の代は稲作中心の農家だった桃井家。父は、都内に会社員として勤務する傍ら農業に従事してきた。功さんは会社員...
就農2年目、社会人経験を生かして データ管理でロスの少ない農... 船橋と市川の市境で枝豆、ブロッコリー、ネギを中心に、ふなっこ畑向けに旬の野菜を耕作する山本健太郎さん(30)は、今年 が就農2年目の新人農農家。大学の建築科を卒業してテレビ局のADとして4年ほど働き、結婚式の映像制作会社に2年半、計6年半の社会人経験を経て就農した。豊富 な社会人経験を生かし、...
会社勤務と並行してキウイの栽培 店頭に並ぶキウイの裏舞台とは... ふなっこ畑に父・高橋茂夫さんの名前で キウイを出荷している高橋 昭(あきら)さん(60)は、会社勤めをしながら終業後や休日を利用して耕作している。 昭さんは高校卒業の頃から手伝いを始め、そのまま就農した。当時は野菜栽培が主だったが、 14 年前からキウイの生産も開始。現在は一般的な品種の「ヘイ...
医療センター裏の広大な畑で キャベツ、白菜、大根など生産... 船橋市立医療センター裏の高台に1町4反(約4200平方メートル)の広大な耕作地を持ち、秋〜冬季はキャベツや白菜、大根、ブロッコリーなどを夫婦で生産、ふなっこ畑に出荷している石井竜二さん(55)。馬込にも6反(約1800平方メートル)の耕作地を持つが「主に野菜を生産するのは金杉。土が合...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ