2014年06月01日 配信

201406_aji_main.jpg

ランチの定食にはサラダと味噌汁・おしんこがセットになる。写真は週変わりメニュー「手仕込みハンバーグ定食(880 円)」ご飯をオプションでせいろごはんに変更(+180 円)したもの

高根公団駅すぐの手仕込み居酒屋
開店から2年で地域の名物に

高根公団駅の踏切を渡ってすぐデイリーヤマザキの2階に入っている「手仕込み居酒屋 笑かど」は3月20日で2周年を迎えた。
店名の由来は「笑う門には福来る」ということわざ。成功を夢見てひたすら仕事をしていた会社員時代、リーマンショックや東日本大震災が島田さんの価値観を変えた。リーマンショックで業績の落ち込んだ会社を早期退職し、2年間の約束で居酒屋に就職し修業した。「いつ死ぬかわからないのであればやりたいことをやってから死のう」と2012年3月同店を開店した。「自分の行きたいお店を作ってみよう」と2年間、わき目もふらずに仕事をした。

今では「店のスタッフみんなが行きたいお店を作ろう」と意識を共有するまでに、チームワークの良さは接客の良さにあらわれるようになった。
創業当初からの看板メニュー「手作りとうふ」に加え、2012年夏には「台湾アイス」も看板メニューに、手仕込みのおふくろの味を売りにしたメニューの数々は2年間の営業を経て100種類を超えた。ランチにもディナーの一品料理を提供できるようにし、高根公団の人気店になった同店。
この5月8日、船橋駅南口の文化ホール目の前に2号店「笑かど船橋本町店」を構えることになった。高根公団の本店で掲げた「地元の人のちょっとしたぜいたくを提供したい」というコンセプトを、新店では「小リッチ」と定め営業を開始する。


ランチのメニューは約20 種類、ディナーのメニューもランチタイムに注文可能

山菜たっぷりの「せいろごはん」は単品280 円、定食セットで480 円

島田さんイチオシの台湾アイスは、ふわふわの練乳アイスに新鮮デザートがたっぷり

店内は30 坪、客席数40 席
客単価は2500 円前後

手仕込み居酒屋 笑かど
店主/島田悠一さん

住所 船橋市高根台1-6-3
電話番号 047-401-1069
営業時間 11:30~23:30
定休日 無休
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ