2014年03月01日 配信

201403_pickup_1a.jpg

船橋市と市川市の市境にある畑で農業を営む加藤真始(まさもと)さん(41)は、ふなっこ畑にカブやダイコン、レタスやルッコラなどの野菜を出荷、市場には夏~秋にかけて枝豆を、冬はほうれん草を主に出荷している農家。小学校の頃から生き物や植物の世話や理科が好きだったという真始さんは、大学院で化学を専攻。「水から水素燃料を作り出す」ことに関わる研究をしてきたが、24才で就農した。

「農薬をゼロにするのは限界がある。なるべく使わない工夫をしています」と真始さん。環境と人に考慮して様々な資材を使いながら安心安全な農産物提供のため、16年間農業に没頭してきた。昨年6月、11才年下の知子さん(30)と入籍。二人で観劇や映画鑑賞、レストランなどに出かけるようになった。真始さんは、レストランでも調理方法や珍しい野菜に興味を持つのだという。「安心安全な野菜を地元の人においしく食べてもらいたい」その心が真始さんを仕事に駆り立てる。

◆ふなっこ畑

住所 船橋市行田3-7-1
電話番号 047-439-3061
営業時間 9:30~18:00
定休日 火曜日
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
ふなっこ畑の一角で始めた屋台販売 焼き立ての窯焼きピザを提供... ふなっこ畑の一角で平成24年秋ごろから屋台でのピザ販売を始めたのは、船橋市役所からほど近い国道14号線沿いにある「街のピザ屋コンパーレ・コマーレ」の店主吉田雅昭さん。ふなっこ畑がオープンしたのを機に、地元小松菜農家の紹介で屋台販売を始めたという。現在第一・第三月曜に出店している。店舗同様、屋台...
公務員を退職後、亡き父の畑を継ぐ 就農して知った父の存在の大... ふなっこ畑にブルーベリー、ほうれん草、小松菜、大根、枝豆などを出荷している平田秀行さん(62)。就農して3年になるが、先祖代々から引き継ぐ土地(1200坪)を使い、3年前に他界した父に代わって農業と真剣に向き合っている。 国家公務員として働いていた平田さん。180度違った畑違いの仕事への挑...
会社員退職後、第二の人生で就農 父の残した畑で80歳まで現役... ふなっこ畑に、春から夏にかけては枝豆、冬は長ネギやブロッコリーをメーンに小松菜やホウレンソウ、つるなしインゲンを出荷する桃井功(いさお)さん(72)。約260坪の畑を定年後に耕作している。父の代は稲作中心の農家だった桃井家。父は、都内に会社員として勤務する傍ら農業に従事してきた。功さんは会社員...
就農2年目、社会人経験を生かして データ管理でロスの少ない農... 船橋と市川の市境で枝豆、ブロッコリー、ネギを中心に、ふなっこ畑向けに旬の野菜を耕作する山本健太郎さん(30)は、今年 が就農2年目の新人農農家。大学の建築科を卒業してテレビ局のADとして4年ほど働き、結婚式の映像制作会社に2年半、計6年半の社会人経験を経て就農した。豊富 な社会人経験を生かし、...
会社勤務と並行してキウイの栽培 店頭に並ぶキウイの裏舞台とは... ふなっこ畑に父・高橋茂夫さんの名前で キウイを出荷している高橋 昭(あきら)さん(60)は、会社勤めをしながら終業後や休日を利用して耕作している。 昭さんは高校卒業の頃から手伝いを始め、そのまま就農した。当時は野菜栽培が主だったが、 14 年前からキウイの生産も開始。現在は一般的な品種の「ヘイ...
医療センター裏の広大な畑で キャベツ、白菜、大根など生産... 船橋市立医療センター裏の高台に1町4反(約4200平方メートル)の広大な耕作地を持ち、秋〜冬季はキャベツや白菜、大根、ブロッコリーなどを夫婦で生産、ふなっこ畑に出荷している石井竜二さん(55)。馬込にも6反(約1800平方メートル)の耕作地を持つが「主に野菜を生産するのは金杉。土が合...
小松菜農家から一転、 最先端のトマト農園に... 船橋から船橋法典にかけて武蔵野線沿線に広がる農園風景。その中に、ふなっこ畑に新鮮なトマトを出荷する「三須トマト農園」がある。経営するのは葛飾小・中学校卒業生の三須一生さん(38)。大学時代にアルバイトをした縁で、舞浜のハワイアンハンバーガー店「クア アイナ」に就職。「良いもので多くの人を満足させる...
切り花をはじめ生花を出荷 園芸農家ではない伊藤さんの本業は!... 伊藤さんは農家の同級生の紹介で、ふなっこ畑で生花を販売するようになった。「DOGGY GARDEN」という、風変わりな屋号は当初、犬のモチーフ雑貨を制作、販売していた頃の名残である。雑貨を売るために観葉植物などの鉢とセットにしたところ植物の評判がよく、最近は花屋としての仕事が増えてきているそうだ。...
1000坪の広大なビニールハウスで 船橋産の小松菜を安定栽培... 田公園近く、1000坪のビニールハウスで船橋産の小松菜を栽培している平野恵昭さん(51)は、葛飾小中学校、薬円台高校・千葉大学園芸科別科卒業後に就農した。小松菜の市場出荷をメーンに、2~3割程度、枝豆も栽培。今年度は「えだまめ研究会」の会長に就任。ふなっこ畑に出荷を始めたのは今年7月、地場野菜...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ