2011年12月01日 配信

 

 

11_1.jpg

 

 

~誰もが、ありのままに、その人らしく、地域で暮らすことができるように~

 

「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」

この条例をご存じでしょうか。この条例は5年前、日本で初めて千葉県で制定された条例です。制定にあたっては、障害を持った方々や、その家族、関係者、地域住民が声をあげ、考え、つくりあげた条例です。

この条例の特徴は障害のある方からの相談はもちろん、差別をしたとされる相手側の方からの相談も受けることです。

 

相談活動

差別と言うと、とても重い言葉に聞こえますが、寄せられてくる相談は様々で、「こんなことで辛い思いをした」「こんなことで困っている」等、生活のしづらさを話す方も多くいらっしゃいます。

最初に相談者の話を聴き、次に差別をしたとされる相手方へ行き、事情を聴きます。相談者が困っている時は相手方も困っていることが多いと感じます。

相談者のため、良かれと思って発した言葉が相談者にとってはそうでなかったり、双方の誤解から生じていることも多くあります。その誤解を解いていくことも、相談活動の中で行っていることです。

障害のある人の生活はちょっとした配慮や工夫で大きく改善されます。互いを知ること、知る努力をすることが大切だと思いました。

この条例は差別した人を罰したり、取り締まるものではありません。相手を懲らしめるのではなく、味方を増やすものです。そのため、相談者の思うような結果にならないこともあります。

障害のある人の暮らしにくさや生きづらさを多くの人たちに理解してもらい、誰もが暮らしやすい社会を目指し、お互いに協力し合うことで、一つずつ、差別を解消しようとする条例です。

駅で切符を購入する時、電車やバスに乗車する時、どうしたら良いか、困っている人がいます。お店に入る時、商品を手に取る時、困っている人がいます。相手に自分の気持ちをうまく伝えることが大変な人がいます。少しの配慮があれば、不安な気持ちが解消されることもあります。

街を歩いていると、道路の凸凹が気になります。東関東大震災の後、放置されている個所もずいぶんありました。車いすの方や、杖を使用していた高齢者の方、ベビーカー押していた若いお母さん、誰もが歩きづらそうでした。

この条例の基本にあるのは、障害のある人が暮らしやすい社会は誰もが暮らしやすい社会であるという考え方です。障害のある人のためという視点でなく、むしろ明日の我が町のためにという視点にたつことが大切です。

この条例の相談窓口は県内16ヵ所にあり、広域専門指導員と呼ばれる相談員が配置されています。

 

 

千葉県健康福祉部障害福祉課

船橋市本町6316 レックスマンション

TEL 0474074441

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋の福祉 リレーコラム39 少人数制体操クラブ くーおん ... 障がいがあっても安心して参加ができるスポーツや余暇活動を 未来を担うこどもたちへ ~こころとからだの元気プロジェクト~ わたしの社会人としての第一歩は、急性期の総合病院のリハビリスタッフでした。日々、励まし励まされのリハビリ生活。それは失われた機能を回復させるための時間でした。悪くはない...
船橋の福祉 リレーコラム38 NPO法人ラフト 代表 喜本由... 障害のある方にサービスを提供するのではなく同じ社会で「共に生きる」 ラフト = いかだ しょうがいをもつ彼、彼女も しょうがいをもたない彼、彼女も わたしも あなたも そこに生きる風景 浮かぶひとつのいかだ わたし達は、これから小さないかだを作ります。 そして、そのいかだに乗り、出発し...
船橋の福祉 リレーコラム36 社会福祉法人地蔵会 障害福祉サ... お客さんに喜んでもらうものをつくりつづける幸せな生き方 デパート販売をはじめたのは15年ほど前からで、最初は紙工芸品(タペストリー、屏風などを百パーセント楮(こうぞ)で漉いた紙工品)が中心だったが、その後利用者さんが増えつづけたため、木工品・機織もの品・刺し子作品・陶芸品等を作るようになっ...
船橋の福祉 リレーコラム35  社会福祉法人 大久保学園船橋... 仕事があるということ、働く環境があるということは本当に素晴らしいこと 「はたらくかたち」  船橋市光風みどり園は、昭和60年に船橋市によって、障害のある方たちが活発に仕事に取り組むことができるようにと設立された社会福祉施設です。現在は社会福祉法人大久保学園が運営にあたっており、主...
船橋の福祉 リレーコラム25  ぐらすグループ/株式会社ふく... 「ワーカーズハウスぐらす」は、平成20年に設立した障がい福祉サービス事業所で、新京成薬園台駅前(滝台町)に本店があります。その後、ハンディを持つ働き者の仲間たちや地域の方々のご理解とご協力、そして頼もしいスタッフに支えられながら、第2作業所「るっこら」(二宮)、第3作業所「ろーざ」(八千代台南...
船橋の福祉 リレーコラム24  NPO法人みなと会 地域活動... スタッフ/加藤秀美さん 障害による生活のしづらさの問題を抱える仲間同士が集まり、支え合うアットホームな『家』 仲間同士が集まり、支えあう 『casaみなと』は障がいによる生活のしづらさの問題を抱える仲間同士が集まり、支えあい、暮らしやすくなるよう支援を提供する場です。生活のリズムを...
船橋の福祉 リレーコラム23  障がい福祉サービス事業所 ... 精神保健福祉士/高橋浩基さん それぞれの目標を持ってそれぞれの夢や希望実現の為に 『こんぽーる』とは、ポルトガル語で「創作する」という意味で、スタッフや利用者全員の投票で名前を決めました。カタカナで『コンポール』と書かれることがありますが、正式にはひらがなで『こんぽーる』です。...
船橋の福祉 ルポ  障害者通所授産施設 オーヴェル(就労継続... パンの移動販売『オーヴェル』 ふんわり柔らかな手作りパンの食感が大人気!! 市内の運動会や公民館、福祉センターなどの文化祭で『オーヴェル』を見たことはないだろうか。オーヴェルとは、パステルカラーに彩られたかわいらしい移動販売車で手作りパンの販売を行っている身体障害者通所授産施設...
船橋の福祉 リレーコラム21  障害者サービス事業所 たすけ... レスパイトサービスを考え、自ら活動する会 障がいを持つ人の日常生活のお手伝いをする 『たすけあい・サンガ』は、障がいのある子を持つ家族がボランティアの方々の協力を得て、みんなが必要とするレスパイトサービスを考え、自ら活動する会です。ひとりで遊びに出られない障がい児には、遊びの場...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ