2011年03月01日 配信

太陽系惑星の探査は今までに多数行われてきました。昨年6月「はやぶさ」が小惑星イトカワからみごと帰還したことはまだ記憶に鮮明に残っていることと思います。これで日本の惑星探査の技術が国際的にもおおいに評価されました。「はやぶさ」の偉業は後日あらためて書きます。

火星探査は今までに多数行われています。なぜそんなに火星探査が行われるのか、その理由をお話ししましょう。探査目的の第1は生命探査です。火星は40億年前までは地球と同じように水がある惑星であったと考えられています。地球の最初の生命は40億年前後に誕生したと考えられますから、当然火星でもその頃生命が誕生したと考えて間違いないでしょう。通常、こうした原始生命を証明するには岩石に含まれている微化石(微生物の化石)を分析します。しかし、地球は岩盤運動が激しいため、30数億年以前の岩盤は残念ながら地表に残されていません。従って、地球の最初の生命は地球では証明できないのです。幸い火星は岩盤運動がありませんので、今でも微化石を採取することが可能なのです。原始生命つまり我々地球生命のルーツを発見することができるのです。私は専門が火星生命ですので、微化石以外にも生きている微小生物の存在すら期待しています。

第2の探査目的は資源探査です。火星は地球の約半分の大きさですが、資源探査はまだ始まったばかりです。どんな有用な資源が眠っているのか興味深いものがあります。

探査目的の第3は将来地球人類が生活するのに適した惑星であるかどうか調査する目的です。地球はいつまで人類が安全に生存できるか不明です。将来宇宙に出かける必要がある事態が生じるかもしれません。その際には火星がもっとも適しています。この火星移住計画は後日あらためて書きます。

近い将来、有人探査が計画されています、その時にこうした疑問はすべて明らかにされるでしょう。

次回は火星生命と宇宙検疫について述べます。

日本宇宙少年団千葉コスモス分団では常時団員を募集しています。希望者はホームページを参照してください。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/Chiba-Cosmos/

 

 

【筆者プロフィール】

小池惇平(こいけ・じゅんぺい)

昭和18年長野県生まれ。元国立大学法人東京工業大学教官。

現在青山学院大学非常勤講師。
日本宇宙少年団千葉コスモス分団団長。専門は宇宙生命科学。

理学博士。船橋市宮本在住。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
その10/今後の宇宙開発... 近年の宇宙に関する話題はなんといっても惑星探査機「はやぶさ」の小惑星「いとかわ」からのサンプルリターンの成功でしょう。それと、国際宇宙ステーションに我が千葉県出身の山崎直子宇宙飛行士が行ったことでしょう。 この先の宇宙開発を予測してみましょう。近い将来、地球と宇宙ステーションの往復は次世代スペー...
その9/火星の地球化計画(2)... 今は西暦3000年6月火星時間午前5時いつもながらの静かなクリュセ平原の朝が明けようとしています。太陽の昇る東の空に青く輝く地球がことさら美しくきらめいて見えます。緑のジュータンを敷きつめたようななだらかなルナ高原のむこうに朝霧に煙った森が見えます。そして、はるか遠くにタルシス三山の山並みとひときわ...
その8/火星の地球化計画(1)... 前回、火星の移住計画をお話しました。今回と次回では1000年で火星を地球に変えるという壮大な計画についてお話します。この火星の地球化計画を「火星のテラフォーミング」といいます。私は人類がこのまま地球の環境破壊を続けていけば1000年程で地球は人類の住めない惑星になってしまうと考えました。それでは、ど...
その7/火星移住計画 地球は現在、環境汚染、温暖化、人口増加など深刻な問題をかかえています。将来、宇宙に移住する必要性がかならず出てくるでしょう。     宇宙移住というと、まず宇宙ステーションが考えられます。しかし、現在の宇宙ステーションは無重力環境なので長期間の居住には適していません。近い将来、重...
その6/火星生命と宇宙検疫... 私は大学で火星に関して研究してまいりました。今回、私の研究についてお話しします。 1975年米国がバイキング計画で火星に探査機を軟着陸させ色々なデーターを送ってきました。そして、NASAは火星には生命の痕跡すら存在しないと発表しました。私の火星研究はこの時から始まりました。私はまず火星と同じ環境...
第二回/近視 近視の原因は遺伝だけではありません。親が近視ではないのに近視になってしまうことも…その原因は!? 難解!近視の原因は? 原因は様々で、特定できていませんが、大きく分けて、遺伝的因子と環境的因子があります。 遺伝的因子とは、親が近視なので、子供も近視になる・・・と言うこ...
船橋フェイス商店会/船橋駅の『顔』。便利なショッピング�... 平成15年の再開発業。船橋駅の『顔』として活躍する注目スポット 平成15年、船橋駅前再開発事業で誕生した船橋FACEビルは正に、船橋駅の『顔』と言うべきコンセプトで作られたインテリジェンスビルだ。近隣市民の利便性を考え、日常生活に直結した多彩な店舗構成を誇っている。 江戸時代に宿場町と...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ