2011年02月01日 配信

307_hukusi2.jpg

施設長/鶴田一洋さん

どんな障がいがあろうとも
楽しい人生を歩んでほしい

現在、障がいがある我が子達も特別支援学校高等部に進学することができ18歳までの日中活動の場所は保証されています。しかし、その後の生涯を終えるまでのこれまでより数倍長い期間をどのように過ごすのかということがとても大きな問題です。一部の方は就職することができますが、残りのほとんどが福祉施設を利用するかもしくは在宅という進路しかありません。また、もし一般企業に就職することができたとしても、様々な理由によりますが継続して勤務できることは稀で、もし解雇された場合再就職はとても厳しいということが現実です。

そしてさらに大きな問題が、私たち親が年老いて我が子のサポートができないような時が必ず来るということで、そうなれば親元を離れ施設入所ということになります。親としては想像するだけでもとても苦しいことです。

このような現状をただ受け入れるだけで本当に良いのか、人任せにするのではなく親自身が元気なうちにもっと積極的に関わって、我が子たちのより良い将来を創る必要があるのではないか、そして順番でいけば必ずサポートを必要とする我が子達を残して逝くことの親なき後の不安を少しでも解消しよう。我が子達には、どんな障がいがあろうとも楽しい人生を歩んで欲しいという思いと願いからの始まりでした。

卒業後の進路のうち利用者の多い市内各施設は、常に定員いっぱいで選択肢も少なく、このままでは在宅も考えられる危機的状態だから、在宅を無くすために頑張ってほしいと先生からお話を伺い、まずは小規模作業所を開設することになりました。小規模作業所を立ち上げるにあたり、どんな仕事をして利用者(我が子たち)の皆さんにお給料を払うのかを考えなければなりません。そこで現状を調べてみると、内職や請負軽作業では一月働いても平均的なお給料は数千円程度が精一杯であることがわかりました。これでは昼食代にもならず、障害年金と合わせても将来のサポートを受けながら自立した生活を送るためには、全く十分な額とはいえる状況ではありません。そこで最終目標としては「源泉税を納めるだけの給料を払うこと」として、できれば健康的に体を使う仕事を考えることになりました。いろいろ情報収集を行った結果、私たちが設置できる規模では目標には届きそうもないのですが、高収益が望めそうな菌床栽培のしいたけにたどり着きました。

こうして「はみんぐばあど」は、しいたけ栽培を中心とした農作業を行う小規模作業所として、平成16年10月、船橋市立船橋養護学校(当時)おやじの会とそのOBが中心になり、先生方やPTAの皆さん、そして多くの方々にご支援いただき、いちよう会の小規模作業所として活動をスタートしました。その後平成20年にNPO法人の認証を受け、現在は就労継続支援B型と生活介護の多機能型事業所として活動しています。

はみんぐばあどで行っているしいたけ栽培ですが、本来春と秋が収穫期のものを、専用ハウスで温度管理を行うことで通年栽培を可能にしたもので、その結果一年を通して同じ作業を行うことができ、利用者さんの仕事としては最適な仕事になっています。その内容は、収獲と納品準備、菌床の浸水、ハウス内清掃などで、利用者の皆さんで分担し毎日の仕事としています。手前みそになりますが、本当においしい椎茸でスーパーや料理屋さんに納品していて、個人のお客様からも定期的にご注文をいただけるようになりました。お客様の「美味しかったよ」の言葉が利用者さんの励みになっています。

また、畑作業も通年行っています。春から秋にかけてがメインになりますが、雑草との戦いが続き、夏には虫と暑さとの戦いも加わります。利用者の皆さんが一生懸命お世話してなるべく農薬を使わないで育てたちょっと不揃いな野菜もおいしいと好評をいただいています。

このように夏暑く冬寒い自然相手の仕事を行うのは体力的にきついこともありますが、結果的には体が丈夫になるとともに、収穫の喜びを仲間と分かち合うことができ、利用者さんたちの働く喜びに繋がっています。病欠や欠席が少ないことが、なかなか自己表現をすることが困難な利用者さんたちの、はみんぐばあどに対する評価の表れであると思います。

そして、利用者さんへのお給料も昨年の県内平均で比較すると、約1.5倍の実績を上げることができました。しかし、まだ目標にはほど遠く私たちの大きな課題であることには変わりはありません。

これまで6年間、本当に大勢の方々にご支援をいただき課題を一つ一つ乗り越えながら、小規模作業所、就労継続支援B型事業所、多機能型事業所へと事業拡大をすることができました。ただし、これで終わりではありませんし課題もたくさんあります。毎年、特別支援学校高等部からは約20名程度の施設利用希望者が卒業し、市内各施設を利用するようになります。はみんぐばあどでは数年後には定員に達してしまいます。そうするとまた次の事業所を立ち上げる必要が出てきます。また、これまでの事業は通所事業だけですから、親が我が子をサポートできなくなった場合の入所事業も早急に手掛けていかなければならないと考えていて、グループホーム・ケアホーム開設に向けて準備を始めました。

地域の中で地域の一員として暮らし「どんな障がいがあろうとも楽しい人生を送ってほしい」私たちいちよう会の設立趣旨の実現を目指して、利用者さんの一生懸命に働く姿と笑顔を糧に、これからも一歩ずつ進んでいきたいと思います。

307_hukusi1.jpg

【NPO法人いちよう会 はみんぐばあど】

船橋市松が丘3-72-26
☎047-464-2028
【農園】
船橋市古和釜町861
☎047-469-6366

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋の福祉 ルポ レッツ倶楽部習志野店(株式会社リハコンテン... 話題のパワーリハを活用したリハビリテーション専門の半日型デイサービスが登場 機能改善事例が多数。QOL向上にも寄与  2010年9月、習志野台にリハビリをメインにした新しいデイサービス施設『レッツ倶楽部習志野台』が誕生し、注目を集めている。半日型(3時間15分)のデイサービスで、自立生...
船橋の高齢化社会を考える/福祉×介護×医療の連携... 【取材協力】 船橋市習志野台 地域包括支援センター 所長 鈴木ひとみ さん 住所/船橋市習志野台2-71-10 TEL/047-462-0002 高齢者を支える地域の身近な総合相談窓口 船橋市習志野台地域包括支援センターは、医療法人成春会が船橋市から受託し、市内10カ所...
船橋の高齢化社会を考える 福祉×介護×医療の連携/高齢者の後... オレンジガーデンには4年前まで市の委託で、高齢者介護の相談受け入れ窓口として新高根・芝山地区の「在宅介護支援センター」が設置されていたが、同地区に地域包括支援センターが設置されることになり廃止となった。後継として「地域連携室」を立ち上げ、現在針生さんたちケアマネジャー3人で周辺地域に向け事業を展開し...
ほかにも船橋の10月はイベントがいっぱい!... 真夏の暑さから開放され、ホッとひと息できるこの時期、市内ではほかにもたくさんのイベントが!歩いて、 巡って、食べて、笑って、秋を五感で楽しんでみよう ツダヌマ~ル 10月2日(日)~10月4日(火) ※開催時間は各店により異なります ...
船橋の福祉 船橋ケアセンターそよ風 施設長 富田常寛さん... 要介護の理由を防ぐシニア用シェアハウスで健康寿命を延ばす! 「介護が必要になる理由」を予防 「まだまだ元気だが、将来を思うと不安になる」という心境は、独居や夫婦暮らしのシニア世代の多くが思い当たるのではないでしょうか?高齢者だけの世帯増加の背景には、配偶者や子どもがいない場合、子どもが...
船橋の福祉 リレーコラム 44 船橋ケアセンターそよ風 施設... 常に見守りの目がある高齢者向けシェアハウスで健康寿命を延ばす 高齢者だけの世帯はリスクが大 ご存じの通り、日本では平均寿命が延び続け、65歳以上の高齢者が加速度的に増加しています。核家族化も顕著で、総務省の統計では高齢者だけの世帯は全世帯の2割を超えています。その半数近くが単身世帯...
誰もが住みやすい街に! ふなばしの 福祉事情... バリアフリーでめぐる船橋シリーズ第1弾の今回は、車いすを使ってのおでかけ事情を調査。街がどれだけバリアフリー化されているのか。また、福祉保険を使って、どれだけ便利なアイテムを利用できるのかなど、徹底的に調べてみました! 知っておきたい ふなばしバリアフリー事情 現在、船橋市では、車いすを利用する...
もしも!の時に備えた 「安心登録カード」... ◆地域力で高齢者、障がい者、高齢世帯を守るために 船橋市独自の共助による有事における福祉ネットワーク「安心登録カード」の取り組みが各方面から注目を集めている。船橋市内で暮らす高齢者、老老介護世帯、障がい者など要援護者と呼ばれる市民を、災害時や緊急時に、地域の共助で救援、支援を行いやすくするため...
第71回 船橋市老人福祉施設協議会会長 永原丈士 氏... 船橋市内の特別養護老人ホーム、軽費・ケアハウス、養護老人ホーム などが加盟する船橋市老人福祉施設協議会とは 船橋市内の特別養護老人ホーム、軽費・ケアハウス、養護老人ホームなどが加盟する協議会。 実際にどのような活動を行っているのだろうか? 船橋市老人福祉施設協議会とはどのような組織ですか?...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ