2010年10月01日 配信

十月はじめ。

夜の九時近く、ユキは家族とテレビを見ていた。でも、おじいちゃんだけいない。

 いつの間にか、さえない顔つきのおじいちゃんがリビングの入口に立っていた。

「おじいちゃん、ここに来て」

 おじいちゃんはユキのとなりに腰をおろした。何も言わない。画面も見ていない。何か考えているようだ。ユキは少し心配になった。

「おじいちゃん、何か話があるの?」

 のぞきこむようにユキが言うと、おじいちゃんはゆっくりと口を開いた。

「下校のときに、あいさつを絶対にしない子がいるね」

 すぐに一人の顔が浮かんだ。西山のおばさんに聞いたことがある。「声をかけても、顔色ひとつ変えないのよ」と、言っていたあの子か。色白で目に輝きがない、五年生の女の子だ。

「かっこつけているだけだよ。いつもすましているので有名」と、お兄ちゃん。

「はずかしいのかしら」と、お母さん。
「あいさつができない子は大人になってもだめ。心が閉じているからな」

と、お父さん。
 おじいちゃんがユキを見ている。

「うーん」

「それが、答えか」

と、お兄ちゃんがユキをつっつく。ここでお返しをすればケンカが始まる。ぐっとこらえた。

「あいさつする気持ちがどっかに行ってしまって……」

 途中でお兄ちゃんが笑いだした。お父さんが叱りつけるより、おじいちゃんの一言の方がはやかった。

「ユキの言う通りかも」
「ユキは適当に言っただけ」と、またお兄ちゃん。

 おじいちゃんは何か思い当たったような顔をした。「そうだったなあ」と、言いながらうなずいている。

「おじいちゃん、私、訳がわからない」

おじいちゃんは、にっこり笑って、お父さんを指さした。全員の目が、てれくさそうなお父さんに集まった。

10irasuto.jpg

【筆者プロフィール】
北澤朔(きたざわはじめ)
山形県鶴岡市出身、船橋市在住
1992年『自転車』で第四回船橋市文学賞受賞 
著書/『見つめる窓辺』(文芸社)
『黄色い』(日本文学館)

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ