2010年10月01日 配信

困った時は誰もが駆け込んで行ける場所

お互いさまの気持ちで地域を支えてゆけるセーフティネット

cao1.jpg

特定非営利活動法人

みんなのいえチャオ

理事長中村郁子さん(右)

共に暮らす中で

若い頃私は保育所や障がいのある子ども達の施設で働き、40代は老人保健施設でお年寄り達の介護の仕事に携わってまいりました。10年前に知的障がいのある夫の姉と同居することになりました。障がいのある家族と暮らすことは、それまでの近くで見守るという関わりとは比べものにならない重圧、気の抜けなさを身をもって感じることとなりました。自分の時間もなく、療育や介護の日々で疲労困憊して大きなため息をつく・・障害のある子ども達を抱えて、家族は大変な想いをしている・・。障がい当事者の支援と共に、家族を支えることもとても重要なんだと痛感いたしました。

また、障がいのあることを不幸と見なす社会の空気に疑問を抱きました。確かに障がいがある故の不便や困難はありますが決して不幸なのではない、何の手だてもないことによって不幸な存在へと貶められてしまうといえるのではないでしょうか。障がいがあっても「生まれてきて良かった、良い人生だった」と言えるために何かできないか・・義姉との暮らしを通して感じた様々な思いが「みんなのいえチャオ」立ち上げにつながりました。

「みんなのいえチャオ」設立

平成18年12月。県から特定非営利活動法人の認証を得て、翌年4月に障害者自立支援法に基づくホームヘルプサービス、日中一時支援、移動支援、生活サポート事業所として活動を始めました。

障がいのあるなしにかかわらず生きづらい世の中。仕事も順調、家庭も穏やか、そんな順風満帆に暮らしている人は多くありません。だれもが社会のセーフティネットから滑り落ちてしまう不安定な社会になってしまいました。「みんなのいえチャオ」という名は困ったことを抱え込んだときに、誰もが駆け込んでいける場所、おたがいさまの気持ちで地域を支えていこうという気持ちを素直に込めてネーミングしました。

日中一時支援とは?

チャオの活動の柱は日中一時支援事業です。夏になるとパートの仕事を辞め9月になると再び働き始めてきたというお母さん。チャオに預けて安心して働けるとほっとした顔をされます。他の姉妹の学校行事など一度も見に行けなかったお母さん。初めて音楽発表会に行けたと笑顔で話されます。お母さんが病気で入院することになったりなど、障害のある子ども達・家族にとって「どうしよう・・」と思案にくれることが様々起きてきます。そんな時に安心して預けられる場所として日中一時支援事業所は地域での生活を支えるセーフティネットとしてなくてはならないものとなっています。

また子ども達だけでなく知的障がい、精神障がいの成人の方もチャオを利用されます。支援学校を卒業した後作業所や通所施設に通ってもなじめずにその後在宅になってしまったり、病院と家を往復するのみなど人との関わりが薄くなってしまい地域の中で孤立感を強めている方達の『リカバリー(その人らしく、より良く生きていくための回復の過程)』の場所としても機能しています。

チャオでは作業など決められたプログラムはありません。ご近所さんがふらっと寄ってハーモニカや手品をしてくれたり、地域の子ども達も顔を出して障がいのある子ども達と一緒に遊んだり、時に賑やか、時にのんびりゆったりと利用者は過ごします。
 障がいのあるなし関係なく、子どもも大人も交じりあってコミュニケーションを深めお互いの存在を認め合うことを大切にしています。

校区にひとつ!

現在チャオの利用者は月40数名1日10名前後。利用者は芝山地区中心に歩いて行ける地域を対象にしています。年々利用者は増え続けています。特に夏休みなど子ども達の利用は増え、スペース、スタッフ数など安全面を考慮すると心苦しいですが利用をお断りせざるを得ません。現在市内には日中一時支援事業は10カ所程度しかありません。お年寄りの介護も障がい児・者の介護も家族だけでは行うのは無理です。行政の施策、地域社会の関わりなど障がい児・者、家族の地域生活を支えるための手だてが必要です。その一つといえる日中一時支援の事業所が校区に一つあればどんなに支えになることでしょうか。市内に一つでも多く事業所ができる事を願わずにはいられません。

社会的起業を応援します!

福祉の仕事は人がより良く生きていくために欠かせない大事なものです。奥深くやりがいがあります。県内各地で今若い人たちがお年寄りの介護や障がい者支援の事業所を起ち上げています。『救うものは救われる。』福祉の仕事はそこにつきます。日中一時支援や移動支援など手がけてみたいという若者の社会的起業を私たちは応援します。

   
cao2.jpgcao3.jpg

特定非営利活動法人
みんなのいえ チャオ

船橋市芝山6-14-16 ☎047-463-1708

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋の福祉 ルポ  軽費老人ホーム 福寿荘... ホールに響く「カッコーン!!」という心地よい音 「うまい!うまい!!」と響く楽しそうな声 「ホラっ!!右!!あっ!左!!あっストライク!!」みんなが一緒になって盛り上がる 船橋市の北部、古和釜町にある軽費老人ホーム福寿荘では、任天堂のゲーム機『Wii』を使った取り組みが利用者...
船橋の高齢化社会を考える/福祉×介護×医療の連携... 【取材協力】 船橋市習志野台 地域包括支援センター 所長 鈴木ひとみ さん 住所/船橋市習志野台2-71-10 TEL/047-462-0002 高齢者を支える地域の身近な総合相談窓口 船橋市習志野台地域包括支援センターは、医療法人成春会が船橋市から受託し、市内10カ所...
船橋の高齢化社会を考える 福祉×介護×医療の連携/高齢者の後... オレンジガーデンには4年前まで市の委託で、高齢者介護の相談受け入れ窓口として新高根・芝山地区の「在宅介護支援センター」が設置されていたが、同地区に地域包括支援センターが設置されることになり廃止となった。後継として「地域連携室」を立ち上げ、現在針生さんたちケアマネジャー3人で周辺地域に向け事業を展開し...
ほかにも船橋の10月はイベントがいっぱい!... 真夏の暑さから開放され、ホッとひと息できるこの時期、市内ではほかにもたくさんのイベントが!歩いて、 巡って、食べて、笑って、秋を五感で楽しんでみよう ツダヌマ~ル 10月2日(日)~10月4日(火) ※開催時間は各店により異なります ...
船橋の福祉 船橋ケアセンターそよ風 施設長 富田常寛さん... 要介護の理由を防ぐシニア用シェアハウスで健康寿命を延ばす! 「介護が必要になる理由」を予防 「まだまだ元気だが、将来を思うと不安になる」という心境は、独居や夫婦暮らしのシニア世代の多くが思い当たるのではないでしょうか?高齢者だけの世帯増加の背景には、配偶者や子どもがいない場合、子どもが...
船橋の福祉 リレーコラム 44 船橋ケアセンターそよ風 施設... 常に見守りの目がある高齢者向けシェアハウスで健康寿命を延ばす 高齢者だけの世帯はリスクが大 ご存じの通り、日本では平均寿命が延び続け、65歳以上の高齢者が加速度的に増加しています。核家族化も顕著で、総務省の統計では高齢者だけの世帯は全世帯の2割を超えています。その半数近くが単身世帯...
誰もが住みやすい街に! ふなばしの 福祉事情... バリアフリーでめぐる船橋シリーズ第1弾の今回は、車いすを使ってのおでかけ事情を調査。街がどれだけバリアフリー化されているのか。また、福祉保険を使って、どれだけ便利なアイテムを利用できるのかなど、徹底的に調べてみました! 知っておきたい ふなばしバリアフリー事情 現在、船橋市では、車いすを利用する...
もしも!の時に備えた 「安心登録カード」... ◆地域力で高齢者、障がい者、高齢世帯を守るために 船橋市独自の共助による有事における福祉ネットワーク「安心登録カード」の取り組みが各方面から注目を集めている。船橋市内で暮らす高齢者、老老介護世帯、障がい者など要援護者と呼ばれる市民を、災害時や緊急時に、地域の共助で救援、支援を行いやすくするため...
第71回 船橋市老人福祉施設協議会会長 永原丈士 氏... 船橋市内の特別養護老人ホーム、軽費・ケアハウス、養護老人ホーム などが加盟する船橋市老人福祉施設協議会とは 船橋市内の特別養護老人ホーム、軽費・ケアハウス、養護老人ホームなどが加盟する協議会。 実際にどのような活動を行っているのだろうか? 船橋市老人福祉施設協議会とはどのような組織ですか?...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ