2014年04月01日 配信

◆歓送迎会シーズンのトラブル

送別会や歓迎会の多いこの時期に多いお肌のトラブル、気を付けているつもりでもアルコールの食欲増進作用でついつい食べ過ぎてしまいます。外食で油分が増えると「にきび」がたくさん出たり、睡眠不足で免疫機能が落ちるとピリピリ痛い「帯状疱疹」になったりすることがあります。肝臓の解毒作用が弱まると「じんましん」が引き起こされることも。腹八分目を心がけて飲食の量をセーブしましょう。ビタミン、ミネラルの補給をお忘れなく。
4月からゆーかりクリニックに皮膚科が専門の山下朋子医師が加わります。診療は月曜、火曜、金曜は午前中。水曜は午前と午後です。女医の診察希望の方はお電話ください。けが、やけど、ほくろ、しこり、眼瞼下垂、下肢静脈瘤の形成外科、しみ、しわの美容皮膚科、がんの統合医療は今まで通り院長の担当です

201403_yukari_1.jpg 【話を伺ったお医者さん】
◆船橋ゆーかりクリニック

寺田伸一院長

住所 船橋市本町5-3-5 伊藤ビル4階
電話番号 0120-12-4103
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
板倉病院 梶原崇弘 院長 市南部12万人が対象の医療圏 船橋市南部、人口にして12万人を抱えるサブ医療圏には、現在ベッド55床の当院以外に入院施設を持った病院がありません。そこで、2025年にやってくる超高齢化社会を見据えて、2014年10月より91床の急性期病院としてリニューアルを図ることにしました。...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 神経難病患... 市内で国の指定難病に認定されている患者は約4300人、その中でパーキンソン病などの神経難病患者は1000人ほどいるという。 神経難病患者を支える新たな取り組み 船橋市保健所では2年前から市内の主に神経難病患者の療養上の様々な課題を解決するため、神経内科医及び在宅診療に携わる医師に声をかけ意見...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 船橋市が学... 下総中山にある(医)ディーオーアイ土居内科医院(船橋市東中山1-18-10 TEL 047-334-2686)が平成28年8月、ショートステイ(短期入所生活介護)をメインに利用者と介護を担当する家族をサポートする施設「VillettaD.O.I.(ヴィレッタディーオーアイ)」(船橋市本中山2-2-4...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 船橋市が学... 今後介護が必要とさ れる75歳以上の人口急増が予測される中、市内の各介護事業所が抱える人材不足問題への対策として新たなイベントを開催する。 人材確保のために、学生へのアプローチ 今まで市内で行われていた合同就職説明会などは、民間事業者が主体で市は後援をするという立場。なかなか学生が集まらない...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 東日本大震... 去る4月5日、船橋 市役所で大規模災害が発生した際の避難所生活に配慮の必要な、高齢者や障がい者(以下、要配慮者)の避難支援を強化するため市内35の老人福祉施設と船橋市の間で「災害時における要配慮者の受入に関する協定」が結ばれた。 船橋市の福祉避難 所に障がい施設高齢者施設も加え、ますます充実 ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ