2014年04月01日 配信

201404_komuro1.jpg

放送開始は4月7日から

船橋市北部の小室町、小室小学校(船橋市小室町899)や小室商店会(小室町3319)に3月9日、ふなっしーがテレビ番組収録のために訪れ、小室地域の住民と触れ合った。

ふなっしーはこの日、「船橋発」又は「船橋初」の良いものを紹介していくという趣旨で千葉テレビが企画した「ふなっしーの船橋ハーツ」という情報番組の収録で訪れた。

試験的に5回まで放送する企画で、第1回から5回までで紹介するのは小室地域。市民活動の一環で行われている「ホタルの復活」や「学校給食の地産地消」、野村不動産の開発、プラウドシーズン船橋小室で始まる貸農園「ファームプロジェクト」などの活動を紹介する。

千葉テレビ担当者は「放送後に反響が良く、視聴率がとれるようだったら続編も検討している」と今後の方向性を語る。

番組は、4月7日から10日までと12日の5日間放送され、放送時間は19時55分からの5分程度。人気のキャラクターふなっしーは、番組の冒頭部分と最後の部分をメーンに登場する予定だ。

番組でふなっしーのサポート役として、船橋市出身の有名人さとう玉緒さんと、弊紙編集長の山﨑健太朗がキャスティングされている。

この日ふなっしーは、午前中、冒頭部分や番組終盤のエンディングシーンを新しい街の開発が進行するプラウドシーズン船橋小室で、また小室小学校ロケでは体育館に、小室小学校や小室中学校の生徒や父兄など数百人が集まってふなっしーとの触れ合いを楽しんだ。

午後の収録では、小室商店会を訪問。小学校や中学校から多くの子どもたちがそのまま商店街に移動してふなっしーの到着を待ち望んだ。「こんなにたくさんの人がいるのは、商店会を開設したばかりの時みたいだ」と、同商店会の内山会長は少し涙ぐんだ様子を見せ当時を語った。

この日の収録を県外から家族で見学に訪れた30代の女性は「小室町に引っ越しを検討していたので訪れた。ふなっしーがロケをしていたのでラッキー」と笑顔を見せた。

201404_komuro 2.jpg

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ