2017年04月14日 配信

201704_enzan

船橋の市街地から芝山方面に向かう通り沿いの大型飲食店舗に焼肉店「宴山(えんざん)」(船橋市飯山満町1-223、TEl 047-409-7525)が2月7日にオープンした。
「元祖参佰宴」や「すし酒場丸鮮」など4店舗を展開する丸宴グループが、同グループ初の焼肉店として出店。座席数は120席。
同グループの代表・鈴木了司さんが15歳の時に焼肉店でアルバイトとして働いていた時に包丁の手ほどきをしてくれた佐々木さんが同店の開店に協力。
30年の付き合いがあり、「調理や経営に関してベテランの佐々木さんと一緒に焼き肉店を開店できてうれしい」と顔をほこらばせる。
メニューには内蔵系(シマチョウ、ハツ、レバ、上ミノ、ギャラ、シビレなど、一人前480円~880円)から牛・豚・地鶏など(一人前580円~750円)の各種肉を揃える。ユッケ刺(1580円)は加工場でパック詰めされたものをそのまま提供、席で開封する仕組みをとっている。
そのほか、グループの「すし丸鮮」ルートから仕入れた船橋産ホンビノス貝(三個500円)、九十九里産はまぐり(二個1000円)、房総産あわび(一個2000円)などの網焼き、沼津産あじの刺身など鮮魚も提供する。居酒屋業態のノウハウからは、一品メニューの充実と、ホッピーなどの居酒屋ドリンクを、寿司東福寺から東葉高校に下る切り通し坂の右側の崖を少し上がると、荒れ果てたお堂があります。「高野の薬師堂」と呼ばれ、祀られている薬師如来様を土地の人々は目の神様と拝んでいました。かつては身の病の救いを願って香華が絶える間がなかった時もあり、お籠り堂としてにぎわっていた様子も偲ばれる薬師堂です。堂の周りは現在、700年前に当たる南北朝時代の年号を記した供養塔婆である板碑(板石塔婆)や、高野の人達が建てた四国八十八か所霊場の第39番を示す標識塔、文政13年に奉納された手洗石など多数の石造物が散乱している有様です。堂下の崖に関東ローム層からなる下総台地の地層がはっきりと分かる一画を見ることができ、向かいの旧家の屋敷には、古木が3、4本、夏は恵みの緑の木陰を作り、秋ともなれば幹いっぱいに木の子を宿してくれています。小鳥の声とゆっくり流れる清浄な気、かけがえのない風情はいつまでも残って欲しいものだと願うものです。
第10歩:高野の薬師堂と切通道切り通し道文/ふなばし街歩きネットワーク蓮見喜代江ぶらり、ふなばし街歩き業態のノウハウからは刺身などの海鮮メニューを提供し、他の焼肉店との差別化を図る。牛肉は、最も味と値段のバランスが良いと感じた山形牛を中心に提供。
営業時間は、11時半~25時(ラストオーダー24時20分)。
定休日は年末年始のみ。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ