201702_workhappiness

通称・船取線(県道8号線)から高根神明社へと抜ける道沿いに完成した障がい者の就農施設「わーくはぴねす農園船橋ファーム」(船橋市高根町595-1)の開所式が1月11日、松戸徹市長をはじめ約200人の参加で行われた。船橋ファームは県内6カ所目、同社運営の農園としては7カ所目の施設となる。

同農園を運営するのは、障がい者雇用のコンサルティングや就労支援事業を行う「エスプールプラス」(本社:東京都千代田区)。

同社のビジネスモデルは、法定雇用率に則って障がい者を雇用したい企業に対し農園の敷地を区画貸しし、利用企業の多くが、収穫された農産物を従業員への福利厚生として無償配布したり社員食堂の食材に使用している。これまでに461人の障がい者雇用を創出し、その定着率は95%以上、そのうち7割が知的障がい者、2割は精神障がい者だという。

「約10万円の給料を受け取りながら、障がい年金も受給できる。就労者は所得税も納め、社会に貢献しています」とも。現在、就労希望者、および、障がい者従業員の管理者となるシルバー人材を募集している。問合せ・就労希望は、エスプールプラス(TEL 0120-997-212受付9時~19時)まで。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ