2017年01月18日 配信

201701_funaichi01
有限会社大塚治平商店 代表取締役 大塚厚さん

毎日削りたての鰹節を販売

船橋駅前の山口横町に魚市場があった昭和47年、鰹節・昆布・煮干しなど「出汁」の店として創業した「大塚治平商店」。魚市場の横で魚市場へ仕入れにくる客をターゲットに現在の店主大塚厚さんの父、治平さんが創業、その後、船橋市場が開設され出店した。厚さんは大阪の削り節店と東京の鰹節問屋で修行をしたのち25歳の時に父の店で仕事をはじめた。
鹿児島の枕崎や静岡の焼津で作られた鰹節を東京にある東京鰹節類卸商業協同組合から仕入れ、削る前の「本枯れ節」の状態や一般的な「薄削り」、蕎麦屋用の「厚削り」などさまざまな状態での量り売りを行っている。また、鰹だけでなく、鮪節、鯖節、鰯節なども扱う。毎朝4時半から、節を洗い、1時間ほど蒸してさました後、その日に販売する分を削る。現在の売り上げの多くは花鰹。
一般の客が、削りたての鰹の香りと味を求めて来店している。

時代の変化で市場の客層も変化

昔は結婚式の引き出物として「本枯れ節」の状態の鰹節が多く使われたり、結納や七五三などの際にも縁起物として使われていた。しかし時代の変化でそういった機会も少なくなり、「本枯れ節」の購入は今では売り上げの1割ほどに減っているという。
駅前の再開発や大型店が増え小さな商店が減ってきたことで、市場へ仕入れにくる店が少なくなっている。同店へ仕入れに来ていた出汁にこだわる寿司、天ぷら、うなぎ、割烹といった店も同様だ。
船橋市場が一般客も広く迎え入れるようになる前から、同店には一般客も多く来店していたという。
「昔から少量での販売も行っていたので、30代位の頃から買いにきていて、80歳を超えるお客さんもいますよ」と厚さん。「食べなれた日本の味」として海外へ出張する人や、海外で暮らす家族へ送るという人も来店している。
「最近は土曜日はだいぶ人も増えたけど、平日はまだ少ない。一般の人にもっと知ってもらって買い物をしやすい環境をつくって、昔の活気がまた戻ったらいいね」と厚さん。

201701_funaichi02

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
ぶらり、 ふなばし街歩き/第七歩:小学生と一緒に歩いた飯山満... 自己紹介するマイスター(講堂にて) 昨年の夏、飯山満小学校から「上飯山満の神社・仏閣案内」の依頼がありました。7月8日(金)、5チームに分けて案内しました。①東葉門(東葉高校正門)‐揺るぎ地蔵、②清房院‐大宮神社コース、③王子神社‐光明寺コース、④高幢庵(こうとうあん)‐木っ端地蔵‐‐八幡...
船橋市場なう!/Vol.29 有限会社魚吉水産 専務 内海大... この人に聞きました! 有限会社魚吉水産専務 内海大輔さん 創業30年、魚の仲卸業を軸に物流サービスも展開 魚吉水産で現在中心となって働いているのが、3代目内海常年さんと息子で専務を務める大輔さん。 10人の従業員と共に配送事業をメインに取り組んでいる。 大輔さんの曾祖父が商売で船橋市場...
「ふなばしオレンジネット」 メール配信スタート... 船橋市は1月27日、行方不明高齢者の徘徊情報・発見情報や認知症に関するイベント案内などをメールで配信する「ふなばしオレンジネット」の運用をスタートした。 配信対象者は、メール配信サービスの趣旨に賛同する方であれば誰でも受信可能。 認知症に関するメールでの情報発信は、全国的にみても取り組んでいる自...
ふなばし市場なう!/新生水産株式会社 代表取締役 澤浩二さん... ニッチな分野を探求「逆張り」の発想で勝機を生む 新生水産の本社は、もともと埼玉県朝霞市にあったが加工場の確保や新しく始まった大手企業との取引の便から船橋市場に本拠地を移転、現在は船橋市内の企業として活躍している。 本業は全国の産地から生マグロの仕入れをし、全国の量販店や外食産業へ供給を行う水...
世界初!フランス政府 認証のまちづくり... 新船橋の「ふなばし森のシティ」が取得 船橋市と野村不動産(本社東京都新宿区)が現地時間12月8日、フランスのパリで開催された記念式典において、フランス政府住宅・持続的居住省が推進する「エコカルティエ認証」(環境配慮型地区認証)を取得した。式典ではエマニュエル・コス住宅・持続的居住大臣から正式に...
ふなっしーオリジナルコースター配布...   店舗ごとに異なるデ ザ イン30種 船橋市内の飲食店・小売店などの30店舗で11月1日から、店舗ごとに異なるデザインを配布する「ふなっしーのオリジナルコースター宝探しなっしー」が行われている。 同企画は、参加店を回り、ふなっしーのコースター30枚を集め、船橋の魅力を発見して...
知的障がい者が働く場所/ わーくはぴねす農園... 1次募集は12月9日まで 船橋市を東西に分ける県道8号線(通称=船取線)沿いの高根町に知的障がい者が働く農園「わーくはぴねす農園ふなばしファーム」が11月中旬を目処にオープンすることが分かった。 農園を運営するのは、エスプールプラス(千代田区外神田)。同社のビジネスモデルは、「障がい者雇用を...
ふなばしお店グランプリ受付開始... 個店の魅力をPRする場で、地域活性化も狙う船橋市内にある中小企業を対象にした「ふなばしお店グランプリ2016」の応募受付が10月17日から開始される。同イベントは、個店の魅力向上を推進するため表彰制度を創設し、様々な個性を活かした魅力ある店舗を発掘し表彰することで、多くの市民にその情報の発信と、店舗...
船橋市場なう!/株式会社川市 代表取締役 川島敏幸さん... 株式会社川市 代表取締役 川島敏幸さん江戸前の海で漁獲した魚を販売、先々代から鮮魚仲卸業に特化川島敏幸さんは、船橋市地方卸売市場内で鮮魚仲卸業を営む川市の代表取締役。同社の創業は1840年、天保年間に東京湾でスズキやサヨリ、シャコ、アナゴ、ワタリガニ、キス、ボラなど江戸前の魚を獲る漁師として生業をお...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ