2017年12月05日 配信

ajijiman-spice

「野菜鍋」は2 種。8 ~ 10 種類の野菜と地鶏、海鮮類などのミックスセット(写真)の他、
野菜とイベリコ豚のしゃぶしゃぶセットも用意。

 

船橋市内の自家農園から毎朝摘み取られる新鮮野菜を提供

船京成船橋駅から徒歩3分の所にある「Farmer,s Bar Spice」は今年7月に10周年を迎えた。テーブル
20席とカウンター8席を用意し、照明を暗めにした店内にはジャズが流れ、ゆったりとした雰囲気を出している。
 店長の新開直之さん(37) は調理師専門学校を卒業後に船橋市内も含めた複数の飲食店に関わってきた。ある時、船橋出身のオーナー塩入利之さんに縁があって声をかけられたのをきっかけに、同店で働くようになった。
 店名にあるSpice の由来は、日常では味わえない酒や食事を楽しんでもらい、スパイスのような良い刺激を与えたいとの思いが込められているという。
 同店の特徴は野菜。店舗前では採れたて野菜も販売する。塩入さんは魚の養殖と水耕栽培を掛け合わせたアクアポニックスを日本で初めて導入し、その手法で無農薬野菜を栽培。中山競馬場近くに自家農園があり、毎朝採れたてのさまざまな野菜を自ら届ける。オープン当初はワインバーであったが、8年前に野菜を取り入れたメニューを加えた。
 看板メニューは「朝採り野菜の盛り合わせ」(Sサイズ1000円)だが、「野菜鍋」(1人前1900円)でも季節の採れたて野菜を温かい特製昆布だし鶏スープでたっぷり食べられる。「サッとしゃぶしゃぶのようにして食べると野菜のおいしさも味わえます」と店長の新開さん。また、「牛リブロース」(120g /1400円~)、「国産地鶏のステーキ」(180g /900円)といったステーキ肉にも力を入れるほか、アルコールに合う前菜やパスタ、カレーなど多彩なメニューを用意する。
 ドリンクは塩入さんが厳選した世界各国のワインを初めとした各種アルコールのほか、船橋初上陸となった「コールドプレスジュース」(900円)もあり、幅広い。「野菜だけではないので、気軽にお酒や食事を楽しんでもらいたい」と新開さん。専属のソムリエもいて、ワイン会も毎月開催している。

ajijiman-spice2
店長/新開 直行さん

Farmer’sBar Spice
住/船橋市本町 2-26-28
TEL/047-432-2525
営/17:30~翌4:00
休/不定休
駐/なし

MyFunaカード提示で朝採り野菜盛合せプレゼント
※2名以上の来店に限る

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ