2017年01月30日 配信

201702_terada

平成18年5月に設置された「船橋市高齢者虐待防止等ネットワーク
運営委員会」とは、どのような組織なのだろうか?

ますます高齢化が進む社会で、高齢者虐待問題が浮上しています。そこで同委員
会の活動や果たす役割について、平成26 年から現職の寺田俊昌さんに伺った。

どのような目的で組織されていますか?

高齢者虐待の予防と早期発見、早期対応、再発防止を図り、関係機関での連携、情報の共有をしながら、高齢者の平穏な生活の確保や、保健・医療・福祉等に関係する各種サービスの総合調整など、高齢者にとって住みやすい地域づくりをすることです。

高齢者虐待の現状について教えてください

高齢者虐待は、認知症の高齢者が家族に暴力を振るう場合と、認知症の高齢者に家族が暴力を振るう場合とがあり、認知症は高齢者を加害者にも被害者にもしうるものです。また虐待にも言葉の暴力、身体的虐待、親の貯金を搾取するような経済的虐待などいろいろあります。
市民のみなさんと高齢者虐待防止について情報を共有し、個人で悩まれている人がいたら市で対応できるように、よりよいシステムの構築を目指します。

メンバーや活動内容について教えてください

市内の医師会、歯科医師会、薬剤師会の3師会と船橋市は日頃から密に連絡を取り合っています。行政と医療が連携し、船橋独自のシステムを作り出そうとしています。
5月と11月の年2回会議を行い、3師会の代表に加え、千葉県弁護士会や船橋警察署などの代表20人が参加しています。
ノウハウの蓄積が大切ですので、会議では実際にあった虐待事例を出し、市のシステムについても、メンバーの各観点からアドバイスを出し合い、よりよい方法を探していこうとしています。改善が必要な事例であれば、なぜそうなったのか、防ぐ手立てはなかったのかを検証し、成功事例はより強化していきます。
次に、厚生労働省が推進している、高齢者の尊厳を守りながら自立生活の支援をし、可能な限り住み慣れた地域で人生の最期まで暮らせるようにサポートする「地域包括ケアシステム」で、市内24地区で地域ケア会議を行っています。その活動をチェックし、アドバイスをするなどの総合機関としての役割も果たしています。
さらに介護保険法改正で、認知症の疑いがある、あるいは認知症の高齢者やその家族の初期支援、自立生活のサポートを行う「認知症初期集中支援チーム」を設置することになり、その活動への提言も同運営委員会が兼務する形で進めています。

船橋市での思い出の地はどこでしょうか?

通称「赤い橋」と呼ばれる、人と自転車しか通れない宮本三丁目から浜町一丁目にかかる「浜町橋」です。昔はあの辺りでは海苔を干していて、その海苔が「チリッ」と「泣く」んですよ。子どものころよく遊んだ、思い出の場所です。

201702_terada_pf

寺田 俊昌(てらだ としまさ) 氏
・昭和28年 船橋市生まれ
・ 船橋市立峰台小学校卒業
・ 船橋市立宮本中学校卒業
・ 県立千葉高校卒業
・ 東京医科大学卒業
・平成 5年 宮本で耳鼻咽喉科寺田医院開業
・平成26年 現職に至る

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
今月のピックアップ/ららぽーとTOKYO-BAY に 船橋市... 平成29年4月からの法人化を目指し自主運営の道を模索している船橋市観光協会が12月17日、ららぽーとTOKYO-BAY(船橋市浜町2-1-1)内に事務局を開設した。 近年は、都市型レジャーの代表格とされるショッピング施設としてららぽーとTOKYO-BAY、公営ギャンブル施設として中山競馬場(古...
船橋の専門店vol.20/精肉専門店 中村屋肉店&韓国子ども... 船橋市内に点在する、多彩なジャンルの専門店。頼りになる、個性豊かな専門店をご紹介! 精肉専門店 中村屋肉店 各種精肉は小売り対応も可能 船橋市場にある精肉店 鶏肉、豚肉、牛肉や加工品も 創業50年の同店は、店主・増田明正さんと息子の明彦さんが経営する精肉店。ハムやベーコンなどの加工...
ふなばしこんな会社 デニムと畳のコラボレーション 新しい「畳」との暮らしを提案 船橋での取り扱いは同社だけ畳を使った「デニムフロア」 新京成線・高根木戸駅から歩いて5分ほどの場所にある「宇田興畳店」。 49年前にこの地に創業し、現在は社長の宇田興二郎さん、息子の宇田光憲さん、社員の石井さんの3人で畳の製造、...
特集/船橋の交通事情 日頃、私たちが何気なく通っている市内の道路。そんななか「この道路って、なぜこうなってるの?」「なぜいつもここで取り締りをしているんだろう?」と感じたことはないだろうか?その裏には「さまざまな事情があるはず!」と、今回、弊誌が独自に調査。疑問を解決し、危険性を知ることでより安全な街に近づくはず! ...
今月のピックアップ/三番瀬で150年、海苔を守り続ける ふな... 18歳から海苔師として約30年、5代目を継いでいるのが滝口光宏(47)さん。妻の千晃さん(44)は坂才丸のオリジナル商品のパッケージから、ふなっこ畑での商品のディスプレイなど営業部門を担当している。坂才丸の海苔は三番瀬で養殖したものを自社工場で加工、先祖代々続く海苔師として歴史を守り続けている...
ふなばし市場なう!/株式会社 ワールドラップ... 消費者の目線で最良の見せ方を提案 昭和58年創業の「ワールドラップ」は、大手や中小企業からの依頼を受け、スーパーや仲卸向け野菜の包装を行っている。取り扱うのは9割以上が野菜だが、時期によっては市場内にある他社の製品包装を請け負うこともある。 同社で行う包装作業のほとんどが、およそ100人の...
ぶらり、ふなばし街歩き/王子神社の周辺 (飯山満1丁目)... 真言宗豊山派の寺院・光明寺の山門前の道を右に折れると、王子神社があります。上飯山満村本郷集落の鎮守でした。 古い神社ですが、文久5年(1808)に再建されたもので、開拓の神様である建御名方神(タケミナカタノカミ)が祀られています。この神様が大国主命の第二子に当たるから王子(オウジ)と呼ばれている...
船橋の専門店Vol.17/たまごや とよまる & 鈴木米店... 船橋市内に点在する、多彩なジャンルの専門店。頼りになる、個性豊かな専門店をご紹介!   たまご専門店 たまごや とよまる 新鮮な卵を使用したスイーツも販売 農場から直送の新鮮な採れたて卵を販売 県内に3 農場と4 つの販売店を展開するたまご専門店「たまごや とよまる」。...
ぐるり船橋 街めぐり/中野木エリア... 成田街道と船取線が交差する地域今やラーメン激戦区にも 中野木交差点は船取線(県道8号線)と成田街道(国道296号線)が交差し、かつては交通渋滞で有名な場所であった。 2002年に船取線の高架橋が完成して交差点が立体交差になってからは、渋滞は大幅に緩和された。江戸時代には、成田街道は成田山へ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ