2017年05月01日 配信

201705_takoyaki_logo

「たこ焼き」と一言で言っても千差万別。食材や作り方にアツいこだわりを持つ、市内のたこ焼き屋さんをご紹介! アツアツほくほくのたこ焼きを召し上がれ

ちょっと強面、でも来店者から愛されるたこ焼き居酒屋

たこ焼き居酒屋ぽっくん
201705_takoyaki_01a
▲たこ焼き 6個:400円、10個:600円、イタリアンチーズたこ焼き6個:500円、海鮮たこ焼き6個600円

隠し味の「玉ねぎ」が秘訣!具だくさんのたこ焼き食べるタイミングに合わせて生地の濃度を調節する気配りも

ちょっと強面の店主「ぽっくん」さんが作るたこ焼きは、テイクアウトとイートインで粉の分量を調節し提供するのが同店のこだわり。
時間が経つと生地がしぼんでしまうのを防ぐために少し固めに焼き、レンジで温めた時に天かすの油がうまい具合に染みて、程よい旨味を出している。イートインでは粉を薄めにすることで、トロッとした触感とダシの旨味が味わえる。
また、独特の甘みを出すために具材とオリジナルソースには玉ねぎを使用。仕入れは、船橋市地方卸売市場にある水産仲卸から生たこを指名で購入している。「6個すべてをおいしく食べられるたこ焼きを目指している」とぽっくんさん。夜は居酒屋としても地域住民の憩いの場となっている。

たこ焼き居酒屋 ぽっくん
住/船橋市高根台7-13-1
TEL/080-6570-9056
営/12:00~15:00、18:00~23:00
休/月曜日
P/なし
他/予約受付可

ソースは浜口・大阪仕込みの”うまーい”たこ焼き

うーたこ
201705_takoyaki_02a
▲たこやき5個320円、6個370円、8個入り470円 3月下旬ごろからブラックペッパー味も提供予定

店主の経験と舌で選んだ材料を使用したソースが自慢
子どもから高齢者まで地域に愛されるたこ焼き屋

大坂風のたこ焼を提供する店。ネタに使用する粉の中に最初から粉末のダシを入れるのが同店のこだわり。その方が、ダマにならず均等にダシがいきわたり、味に統一感がでるという。また、緑の部分が多くシャキシャキした歯ごたえが特徴の「九条ねぎ」が、山芋が混ざりふわふわとしたたこ焼きの触感を引き立たせる。味は甘口の特製ソース味の他に、ダシ醤油味、ポン酢、辛口ソース、激辛ソースなど6種類。また、たこ焼きに岩塩を振りかけて食べる塩味は、「意外な組み合わせでおもわずまた食べたくなる」とリピーターも多いという。

201705_takoyaki_02d
▲店長:うーちゃん 「食材選びからこだわったたこ焼きをご賞味あれ!」

うーたこ
住/船橋市馬込西1-2-10
TEL/047-430-0288
営/15:00~0:30
休/日曜日(不定休)
P/なし ※近隣に有料Pあり
他/予約受付可

 

和食の料理人が作る生タコを使ったたこ焼き

関西風たこ焼き たこやん
201705_takoyaki_03a
▲8個400円~、12個550円~。ソース、ゆきしお、すっぴん、ねぎポン酢など6種類を用意。

オリジナルブレンドのソースと粉にタコの旨みがプラス
ソース以外のメニューも充実

京成西船橋駅近くの「日本酒ばる凪(なぎ)」店頭にある、関西風たこ焼き店「たこやん」。船橋出身の店主海老原さんと、大阪出身の妻・奈菜さんがよりおいしいたこ焼きを提供したいとの思いで昨年秋にオープンした。同店で使用するソースと粉は海老原さんが和食料理人ならではの感性でブレンド。また、タコは生ダコを使用し、タコから出るダシにより旨みが増している。「最近の新メニューのあま旨醤油は、マヨネーズとの相性抜群です」と海老原さん。えびせんにたこ焼き2個をはさめたたこせん(150円)は子どもたちに人気。

201705_takoyaki_03d
▲一生懸命たこやき焼いています。ご来店お待ちしています。

関西風たこ焼き たこやん
住/船橋市西船4-15-1
TEL/047-401-8244(日本酒バル凪)
営/14:00~20:00、日・祝は12:00~20:00(~17:00までは凪の店内でイートイン可)
休/月曜日
P/なし
他/予約受付可

 

 

 

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋・まちの味自慢/焼鳥 大富... 炭火焼「おまかせ5 本」(1450 円)の一例。客の食べるタイミングを見ながら1 本ずつ出すという 丸鶏からさばく「鶏の本当のおいしさ」を提供 JR船橋駅南口から徒歩7分、船橋市役所入り口交差点近くに焼き鳥専門店「大富」がある。昨年11月7日にオープンし、ベージュ色でまとめられた7坪の店内に...
知っトク!?ふなばし/カフェ本「至福のカフェ時間」発行... 意外となかった、千葉県北西部エリアのカフェ紹介本  船橋を中心とした千葉県北西部エリア(船橋・市川・習志野・鎌ケ谷・印西・八千代・白井)のカフェ紹介本「至福のカフェ時間」が5月1日に発行される。  発行元は「至福のカフェ時間編集部」。カフェが好きな主婦が主なメンバーで、取材交渉、誌面レイ...
船橋・まちの味自慢/伏見屋... 40 年以上つぎ足して使う 肉汁や旨味が溶け込んだタレが自慢  新京成線二和向台駅の二和向台商店会にある焼き鳥居酒屋。オープンして11年、店を訪れる客は老若男女を問わず、女性や週末には家族連れも多い。  店舗面積は12坪。カウンター席4席、テーブル席を14席用意しており、店...
ぐるり船橋街めぐり/中山商店会... 歴史と文化の香る街 日蓮宗大本山を背景に持つ商店会 JR下総中山駅から北に300mほど、法華経寺に向かう参道沿いに100件近くの商店が立ち並ぶ中山商店会がある。  開祖から間もなく800年を迎える日蓮宗大本山中山法華経寺やこれを取り巻く神社仏閣群。 そして、近隣に各種史跡や東山魁夷記念館...
船橋・まちの味自慢/魚 unLOC(さかなあんろっく)... マグロは絶対使わない メインは季節を彩る旬の白身魚 和の趣が深い店構えの「魚unLOC」。店内の様子は外から窺い知れず、思わず敷居の高さを感じてしまう。 しかし、暖簾をくぐると大型スクリーンにジャズが流れる、オープンなスペースが広がっている。厨房の中では、金色のロングヘアーと...
今月のピックアップ/「ふなっこ畑」の創業時から出荷を続け 現...  木下街道の船橋と市川の市境あたりで、畑が少し見える場所がある。それが吉田尚光 さん(38)が先祖代々受け継いでいる畑。町内にある別の畑と合わせて約8反(2400坪)の畑で、露地栽培のみでさまざまな野菜を栽培している。以前は市場のみへの出荷だったが、「ふなっこ畑」のオープン当初から同所へも出荷...
特集/船橋周辺でラテアートを楽しもう...  船橋では、「コーヒーで笑顔があふれる街を」をスローガンに掲げ、市内のコーヒー店が集まって活動する「船橋コーヒータウン化計画」があります。今回は、そんな船橋周辺で楽しめる「ラテアート」を楽しめるお店をご紹介します! ラテアートが楽しめるお店はこちら ■Warm Heart ...
ふなばし市場なう!/カネカ商店... 質の高い魚と付加価値で顧客との信頼関係を築く  約50年以上前に創業した「カネカ商店」は鮮魚を中心とした卸売や小売りを行う仲卸会社当時、船橋北口にあった市場から船橋市場開場に伴い移転し、現在は2代目の正年さんと3代目で息子の光紀さんと一緒に営んでいる。扱う鮮魚は「魚市」から仕入れた国内ものや世界各...
船橋・まちの味自慢/スペイン料理 タベルナ・ カディス...   魚介類のパエリア(2人前~)。生ハムの台は、本場スペインの台を真似て店主が手づくりしたものを使用 30年続くスペイン料理店 「魚介類のパエリア」は地元食材を使用  船橋駅南口から徒歩5分、路地裏のビル2階にあるスペイン料理店...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ