2016年12月22日 配信

201612_soccer

夏冬の連覇を掛け12月の高校選手権全国大会へ

市立船橋高校サッカー部が11月20日、フクダ電子アリーナ(千葉市中央区川崎町1-20)で行われた第95回全国高校サッカー選手権千葉県予選決勝で流通経済大学付属柏高校(以下、流経柏)と対戦、激戦の末、2対1で優勝を決めた。

序盤、流経柏の堅守にペースをつかめず押し込まれ気味の市立船橋。前半21分に杉山弾斗選手のコーナーキックを原輝綺選手が頭で合わせ先制。しかし、31分。流経柏のフリーキックから、こぼれ球を菊池泰智選手が反転して振り向き様に左でループ気味の同点弾。

同点のまま試合は折り返しを迎えるが、後半4分に金子大毅選手のクロスに太田貴也選手がヘディングで合わせて再度突放しにかかる。ハーフタイムに朝岡隆蔵監督からの指示を受けてリズムを取り戻した市立船橋。何度か息を飲むシーンは見られたものの流経柏の攻撃を堅守で阻み危なげなく千葉県予選を制した。

全国大会は、12月30日、駒沢陸上競技場で開幕。市立船橋の初戦はフクダ電子アリーナ(千葉)に対京都橘となっている。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ