2017年01月18日 配信

201701_bujutsu

世界ジュニア武術選手権大会で

八木が谷中学校3年の大野莉玖くん(15)が11月28日、「第6回世界ジュニア武術選手権大会」で金メダルを獲得したことを松戸徹市長と松本文化教育長に報告するため、岡田博校長、両親と共に船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)を訪れた。
大野くんは日本代表選手として9月29日から10月3日にブルガリア・ブルガス市で行われた「第6回世界ジュニア武術選手権大会」に参加し、長拳B部門の「長器械・棍」で金メダル、「短器械・刀」で銅メダルを獲得した。
世界ジュニア武術選手権大会は2年に1度行われ、約30カ国が参加し、ヨーロッパ圏での開催は初となった。
16~18歳が対象のA部門、13~15歳のB部門でそれぞれ男女2名ずつ、計8人が日本代表として出場した。「武術太極拳」とは通称「カンフー」として知られており、中国武術を基にしたスポーツ。
素手や刀、棍の武器を使って演武したものを、採点され順位が決まる。
海外での大会出場は初めてだったという大野くん。「大会の雰囲気も違うので緊張してしまい、初日の.徒手.は自分の力が発揮できませんでしたが、2日目の.刀.では3位になれ、最終日の.棍.は1位になれて嬉しかったです」と振り返った。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ