2018年05月28日 配信

2025年に向けて介護人材の確保が急務

 皆さま こんにちは。先月は介護報酬改定に伴う通所介護の記載をさせて頂きました。今月は介護人材に関わることについて少し私見を述べさせて頂きたいです。

 6 5 歳以上の高齢者数は、2025年には3,657万人となり、2042年には3,878万人とピークを迎えると予測されています。

 また、75歳以上高齢者の全人口に占める割合は増加していき、2055年には、25%を介護屋 宮﨑 代表取締役社長宮﨑 直樹超える見込みとなっております。

 介護人材不足も深刻です。2025年に向けた介護人材にかかる需給推計では、介護人材の需要見込み(2025年度)は253万人となっています。それに対し、介護人材の供給見込み(2025年度)は215.2万人。需給ギャップは37.7万人になります。日本の平均年収は422万円で介護職の平均年収は310万円となっています。(賃金構造基本統計調査)

2025年から介護人材問題が深刻に

 2025年問題と言われる言葉があります。これは団塊の世代の皆さま方が後期高齢者(75歳)になられることによって医療や介護といった福祉分野が金銭的にも人員的にも足りなくなる可能性が出てきています。さらに高齢化のピークは2050年とも言われているので、25年から50年までの25年間は非常に高齢者に関わることについてみんなで向き合う必要があると思います。

超高齢社会へ向けて、介護福祉士の処遇改善も

 平成31年10月の消費税10%へ引き上げの報道の中で衝撃的でしたのが、介護福祉士で現場10年勤務している方へ月に8万円の処遇改善を検討して頂いているという報道がありました。月8万円という事ことは年間100万円弱です。

 これは、率直にありがたい限りですし、喜ばしいことです。介護福祉士の処遇が上がれば、介護業界に光が射して、若い世代の方も職業としてこの介護・福祉を選んでくださる可能性が上がります。しかし、大切なのは本当に個人にしっかりと8万円給料が上がるかどうかという問題です。まだまだ、検討段階なので、情報が錯綜していて、個人ではなくて事業所に支給され、個人に支払ってもいいし、分け合ってもいいとの意見も出ているようです。

 さらに、10年間同一事業所勤務でなければいけないといったような条件も出てきそうだとの事。個人の給料所得が上がるようにこのことについては注視していきたいと考えています。

 介護に光が射すことは非常にありがたいですし、介護職の仲間たちの処遇は改善が本当に必要です。また、介護現場にはシングルマザーの方も多く働いていますし、私もそうですが、夫婦共働きです。その夫婦共働きも、妻が本気で稼がないと一定の生活水準の担保が難しいからの共働きです。扶養控除にかかるパート収入額の壁など関係なく、私の扶養からももちろん外れています。

 子育てをしながら、家事もされて、旦那の世話(笑)もしながら働いている女性が、夢を持ってやりがいを持って、そしてきちんと稼げるような職場環境や報酬環境を国が、そして市町村が本気で考えなければ、超高齢社会を乗り切れないと考えています。

介護屋 宮﨑 代表取締役社長
宮﨑 直樹

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
介護屋みらいのよもやま話/平成3 0年度の介護保険報酬改定と...  皆さま、こんにちは。先々月から介護保険報酬改定、また介護人材確保について記載させて頂きました。今月は、今回の報酬改定で打ち出されたテーマについて述べさせていただければと思います。  今回の介護保険報酬改定でケアマネジャーは報酬単価がほんの少しだけ上がりました。ケアマネジャーの自己負担導入やケアマ...
今月のピックアップ/船橋市内のオレンジカフェ...  認知症カフェはオレンジカフェとも呼ばれ、認知症の人やその家族、地域住民、専門職などのだれもが気軽に集える場で、認知症の専門スタッフに相談する事ができるカフェです。安心して出かけられる息抜きの場や、地域住民同士の繫がりを作る場として広がりを見せています。是非ご参加下さい♪ 5/20~6/30の...
こんにちは、 ふなばし/イラストレーター 小倉 正巳さん... 大人も子どもも楽しめる絵本を残していきたい   船橋市に移り住んで、35年が経つという小倉正巳さんは「船橋に住んでいる期間は長いけど、都内で仕事をしていた時間が長くて。まだまだ船橋歴は浅いほう」とはにかむ。小倉さんの職業はフリーランスのイラストレーターでありながら、ポスターなどを手掛けるデ...
ただいま活動中!/船橋西ロータリークラブ... 独立から50周年を記念して 障がい者対象独立から50周年を記念して  世界的奉仕活動団体の「船橋西ロータリークラブ」は、1968年に親クラブの「船橋ロータリークラブ」から独立、今年で50年の節目を迎える。  同クラブでは、50周年事業として「船橋市への車椅子寄付」と、「船橋西ロータリー...
インタビュー!ふなばし子ども未来予想図No.15/認可保育所... 認可保育所 塚田ここわ保育園 昨年4月に開園した塚田ここわ保育園とはどんな園なのだろうか? 栗木敦子園長に、同園の特徴について話を伺った。 塚田ここわ保育園とはどういう保育園ですか?  東武野田線塚田駅から徒歩7分のところにある「塚田ここわ保育園」は、昨年の4月に開園し、美容室経営や設計...
今月のピックアップ/船橋市内の子ども食堂... ■こども食堂とは 地域の人たちがボランティアで集まり、人と人を結びつける多世代交流の場ともなっている無料または低額の食堂。 みんなが見守ってくれているから、こどもが1人でも安心して行けるんだ。お腹が空いたとき、みんなでごはんが食べたいときには子ども食堂に行ってみよう! ...
ぐるり船橋 街めぐり/夏見優良店会... 整然と広い道路の街並みが特徴、世代を渡って親しまれる店が点在              船橋駅北口を出て船橋中学校前の坂道を上がると右側に碁盤の目に広がる住宅街がある。そこにあるのは約70 年の歴史を持つ「夏見優良店会」。...
船橋を語ろう!/海老川親水祭実行委員会 会長 相澤 友夫 氏...         桜の時期になると市民の目を楽しませてくれる海老川ジョギングロードの桜並木。長年にわたって、桜並木を整備してきた海老川親水市民まつり実行委員会と環境を考える市民の会とはどういった団体なのだろうか? 山﨑 今回で33回目を迎える海...
ただいま活動中/やかまし村文庫... 本の貸し出しを始めて20年 功績認められ本百冊贈呈される          1997(平成9)年に自宅の約8畳の屋根裏部屋で、近所の子どもを対象に始め た「やかまし村文庫」。個人で行っている、本の貸し出しボランティアだ。  スウェーデンの「や...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ