2017年12月05日 配信

pickup-chinmi
 千葉市に本社がある「東京ちん味食品」は10月18日から、ふなっこ畑のブースに約50種ほど商品を陳列している。
 代表の関澤年男さんは昭和44年、自身が30歳の時に脱サラをして当社を創業。「パパの晩酌、お子様のおやつに!!」をキャッチフレーズに、大人から子どもまで安心して食べられる、つまみや佃煮、漬物などの商品開発、製造、卸売りをしている。
 「地球に優しく、人に優しい、安心できる食品の提供を心がけます」と話す通り、千葉県産の原料を主に使い、また国内加工にこだわるなど、食品事業を通じて消費者の食生活の改善や向上、食文化の発展に寄与することを目指している。
 「安全な食品の提供」と「環境問題」に取り組み、添加物への配慮や、環境にやさしい素材を使ったパッケージを利用している。また商品のネーミングなどは社員同士で考えた、「激辛 柿の種」に「挑戦状 この辛さに耐えられるかっ」というキャッチコピーを付けるなど工夫もしている。
 関澤さんは、「これからクリスマス会や忘新年会の時期になるので、自宅でパーティーなどを開く際にも重宝してほしい」と話す。

pickup-chinmi2pickup-chinmi3

 

 

 

 

ふなっこ畑
住所/船橋市行田3-7-1
TEL/047-439-3061
営業時間/9:30~18:00
定休日/火曜日

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ