2016年10月21日 配信

201610_ramen

京成線船橋競馬場駅南口からすぐのところに「中華そば銀次郎」(船橋市宮本8-424常世田ビル1階、電話設置なし)が8月20日にオープンした。同店の店主は川島和行さん。川島さんは市内の寿司店や和食料理店で10年以上の経験をもつ。

メニューは「中華そば」(600円)、「煮干し中華そば」(700円)、「濃厚中華そば」(800円)の3種が基本メニュー。これにトッピングとして味玉、ワンタン、チャーシューを選ぶことができる。ランチ限定サービスとしてカレーライス、またはたまごかけごはんを無料で提供。カレーライスは東の匠ポークを使用し、ルーから手作りにこだわりをみせる。「今後は季節限定のラーメンや餃子も提供する予定です。営業時間も23時まで延長できれば」と店主の川島さん。

営業時間は、11時30分~15時、17時~22時。土・日・祝は11時30分~22時。不定休。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ