2016年12月22日 配信

machiaruki_logo

飯山満駅周辺を歩いてみました。駅の東側にある3号調節池沿いに洒落た老人福祉施設が建ち、高台に見えるのは県立船橋芝山高校です。

谷間に新しい景観が生まれていました。

芝山東小学校西側から台地に上がる道を登ってみると、「御瀧山道」と刻まれた道標や道祖神が道端に残っていました。御瀧山道と呼ばれていた道なのですね。上飯山満の高野から続く道で、滝不動に参詣する地域の人々が通った道だそうです。上りきると「上飯山満橋」を渡って高根側の台地に出ます。船橋市に合併するときに消滅した地名「上飯山満」の名が残る橋に、地域の歴史が蘇りました。

谷津の自然が残るビオトープがあると聞き、アポイントをとって船橋芝山高校を訪れてみました。

同校の「科学研究部生物班」の生徒さんが、十数年間、飯山満川支谷「北谷津」の湿地を維持する活動を行っている現場です。自然を壊すのはたやすく植物や生態を維持するのは難しいことを教えてもらいました。

201612_machiaruki_01

201612_machiaruki_02

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
ぶらり、 ふなばし街歩き/第八歩:小学生が抱いた地域の疑問... 飯山満小学校の街歩きは総合学習の一環として行われたものです。生徒が事前に神社やお寺を歩いて下調査を行い、疑問に思ったことを質問という形にして先生がまとめて私たち案内マイスターに送ってくださいました。この中にはとても良い質問がいくつもありました。例えば、「どうして見ざる・言わざる・聞かざるの像...
ぶらり、ふなばし街歩き/第11歩:ゆるぎ地蔵堂の周辺... 飯山満駅から南に飯山満谷津から延びる支谷を歩くこと10分。谷間の奥に続く道と切り通しの坂道が交差する一画に出ます。小高い丘の上に地元住民の働き掛けで再建された「ゆるぎ地蔵」堂が建ち、小堂には大きなお地蔵が納まっています。像の高さ172センチ、享保8(1723)年頃に作られた像で市内最大の木造...
ぶらり、 ふなばし街歩き/第七歩:小学生と一緒に歩いた飯山満... 自己紹介するマイスター(講堂にて) 昨年の夏、飯山満小学校から「上飯山満の神社・仏閣案内」の依頼がありました。7月8日(金)、5チームに分けて案内しました。①東葉門(東葉高校正門)‐揺るぎ地蔵、②清房院‐大宮神社コース、③王子神社‐光明寺コース、④高幢庵(こうとうあん)‐木っ端地蔵‐‐八幡...
船橋市場なう!/株式会社田中園 代表取締役 田中寛明さん... 株式会社田中園 代表取締役 田中寛明さん 市場内に2店舗 調味料や飲料を販売 船橋市場内に2店舗、習志野台に1店舗構える「田中園」。 代表取締役を務める田中寛明さんの祖父幸作さんが海神で創業し約50年になる。 当時はアイスキャンディーなどを販売、来店者のニーズにあわせてお茶やタバコの扱...
北部清掃工場が来年 4月にリニューアル... 余熱利用の温浴施設なども同時オープン 船橋市の運営する北部清掃工場(船橋市大神保町1356)が2017年4月1日に新工場を稼働、隣接敷地内には「船橋市北部清掃工場余熱利用施設(愛称:ふなばしメグスパ)」をオープンさせる。 現工場の老朽化に伴い、2013年から建て替え工事が行われているが主要部...
ふなっしーオリジナルコースター配布...   店舗ごとに異なるデ ザ イン30種 船橋市内の飲食店・小売店などの30店舗で11月1日から、店舗ごとに異なるデザインを配布する「ふなっしーのオリジナルコースター宝探しなっしー」が行われている。 同企画は、参加店を回り、ふなっしーのコースター30枚を集め、船橋の魅力を発見して...
第三歩:飯山満の谷津歩き... 第三歩:飯山満の谷津歩き 高台(月見台)が張り出す芝山7丁目付近で大きく屈曲していますが、飯山満川は谷間をまっすぐに流れ海老川に注いでいます。 平成8年に東葉高速線が開通し、飯山満駅ができ、谷津や周りの台地は住宅地に変わってしまいました。駅前にある大きな調整池、丘の上の芝山高校、地元住民の方が手入れ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ