2017年07月24日 配信

201708_kodomomirai01

インタビュー No.5
佐野医院 オー・キッズ

船橋南部エリアで病児保育「オー・キッズ」を運営する佐野院長に、病児保育とはどんな施設なのか伺った。

市内にある保育園・幼稚園・支援センターなど、子どもたちを見守るさまざまな施設の人に話を聞き、それぞれが描く「船橋の子どもたちの未来」を語っていただきます!

病児保育とはどんな施設ですか?

「病児保育」とは、保育所に通っている子どもが病気になり親が仕事をどうしても休めない時に、親に変わって病気の子どものお世話をする施設です。船橋市内には5ケ所の病児・病後児保育施設がありますが、市からの委託事業となります。どの施設も診療所あるいは保育園に併設されており、事前の登録と預かり前に医師によるお子さんの診察が必要になります。
1986年に先代(義父)から佐野医院(内科・小児科)を引き継いだ後、夕方に病児を連れて診療所に駆け込む働く母親たちの「また明日仕事を休まなければならない」という悲鳴にも似た声を聞くうちに、何とかしたいと思い、2011年7月に「オー・キッズ」を開くにいたりました。空いていた2階をリフォームし、0歳児から小学3年生までを受け入れています。朝6時30分から病気のお子さんの預かりの電話を受け付け、朝8時から夕方18時まで預かり、病児保育専門士の資格を持つ保育士と看護師が交替で子どもたちのお世話をしています。
感染力の強い病気は隔離室で保育します。
開園して6年たちましたが利用登録者数は累計1500人以上になりました。

病児保育専門士とは、どのような人たちですか?

病児保育の専門性を高め、さらに家庭での看護方法などの研鑽を積み、病児保育を通して子育て支援を行うことのできる保育士・看護師です。(一社)全国病児保育協議会から資格認定されるもので、病児保育専門士を育成するために、専門的な研修制度を行い、一定の水準に達した場合に認定されます。

今後の未来予想図を教えてください

開園当初は働く母親を応援するつもりでしたが、最近は父親が病児を連れてくることも多くなりました。母親だけでなく父親も育児に積極的に参加してくれていることを嬉しく思います。お仕事を頑張っているご両親が家でお子さんを見るのと同じようなアットホームな雰囲気を大切にしながら、病児保育専門士と看護師と医師で、安心して病気のお子さんを預けられる環境を整えていきたいと思います。
今後も病児保育の現状や課題については、市内にある病児保育施設同士での情報共有を行い、さらに全国病児保育協議会での勉強を通してより良い病児保育を目指したいと思います。

201708_kodomomirai02

佐野医院 オー・キッズ
院長 佐野千寿子 先生
住所/船橋市本町3-3-7 佐野医院2F
電話/080-3416-0122

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
障がいと高齢の福祉を考える 福祉・介護・医療の連携/「心不全...  高齢者に多い病気の一つとして挙げられるものに心不全がある。そして心不全は再入院する確率が約20パーセントと高いことでも知られている。そこで、心不全の予防はもちろん、心不全で入院した患者が再入院にならないことも目的のひとつとし、高齢者の自己管理に役立つものとしても開発したのが、稲垣先生・看護師チーム...
介護屋みらいのよもやま話/平成3 0年度の介護保険報酬改定と...  皆さま、こんにちは。先々月から介護保険報酬改定、また介護人材確保について記載させて頂きました。今月は、今回の報酬改定で打ち出されたテーマについて述べさせていただければと思います。  今回の介護保険報酬改定でケアマネジャーは報酬単価がほんの少しだけ上がりました。ケアマネジャーの自己負担導入やケアマ...
今月のピックアップ/船橋市内のオレンジカフェ...  認知症カフェはオレンジカフェとも呼ばれ、認知症の人やその家族、地域住民、専門職などのだれもが気軽に集える場で、認知症の専門スタッフに相談する事ができるカフェです。安心して出かけられる息抜きの場や、地域住民同士の繫がりを作る場として広がりを見せています。是非ご参加下さい♪ 5/20~6/30の...
介護屋みらいのよもやま話/平成30年4月の 介護報酬の改正に...  皆さま こんにちは。先月までサービス付き高齢者専用住宅についての記事を記載させて頂きました。自分の中で非常に興味関心が高かったのと、今現在全国各地でトラブルも多いので、長期間にわたって記載をさせて頂きました。  そんな中、平成30年4月から介護報酬の改定が行われて、介護事業所としては有り難い事に...
今月のピックアップ/「宅配ガイドマップ」が リニューアル... 「宅配ガイドマップ」がリニューアル  船橋市では主に高齢者を対象とした買い物支援の冊子「地域のお店 宅配ガイドマップ」をリニューアルし、3月15日から配布している。  同冊子は2016(平成28)年に初版を発行。当時、県内で初となる「宅配ガイドマップ」が完成した。高齢者福祉課が担当し、船橋市...
今月のピックアップ/船橋市内のオレンジカフェ... 認知症カフェはオレンジカフェとも呼ばれ、認知症の人やその家族、地域住民、専門職などのだれもが気軽に集える場で、認知症の専門スタッフに相談する事ができるカフェです。安心して出かけられる息抜きの場や、地域住民同士の繫がりを作る場として広がりを見せています。是非ご参加下さい♪ ...
船橋を語ろう!/第105回 船橋市立医療センター 院長  丸... 松戸徹船橋市長が掲げる「メディカルタウン構想」の中核に位置する船橋市立医療センターはどのような組織なのだろうか? 今年4 月より同センターの院長に就任した丸山氏に、組織の特徴や医療センターの役割について話を伺った。 医療センターの役割と組織の特徴を教えてください 当病院は、...
ぐるり船橋 街めぐり/行田公園エリア... 歴史を見守ってきた行田の広大な台地に広がる公園 行田公園は広さ約3万6千坪。園内では夏祭り、マラソン大会、フリーマーケットなど、市民主体のイベントが開催され、多くの市民の活動の場ともなっている。 下総台地の一角だった行田は農地だったが、1915年(大正4)に海軍無線電信所が建設され、歴史的役...
船橋市場なう!/株式会社船橋魚類... この人に聞きました! 株式会社船橋魚類 代表取締役社長 中山郁雄さん 魚市と水産会社が 取引相手の ベンダー企業 5年前に立ち上げた船橋魚類は仲卸の会社で、社員は12人、生鮮から干物、冷凍品、練り物を含めた日配品を扱う。船橋産のものとしては魚市から仕入れるホンビノス貝がある。「社名の『魚...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ