2018年05月28日 配信

大人も子どもも楽しめる絵本を残していきたい 

 船橋市に移り住んで、35年が経つという小倉正巳さんは「船橋に住んでいる期間は長いけど、都内で仕事をしていた時間が長くて。まだまだ船橋歴は浅いほう」とはにかむ。小倉さんの職業はフリーランスのイラストレーターでありながら、ポスターなどを手掛けるデザイナーでもある。

 高校時代からイラストレーターを目指した小倉さん。大学卒業後は都内のデザイン事務所に就職。結婚を機に船橋に家を建てたものの、取引先は都内の会社がほとんどだったためアトリエ兼事務所は都内に構えた。船橋で過ごす時間はそれほどなかったと当時を振り返る。企業の広告宣伝ツールのデザインなど、さまざまな仕事を受けるなか、月刊保育絵本「キンダーブック」(フレーベル館)の表紙イラストを手掛けたことをきっかけに、絵本のイラストの仕事も増えていった。小倉さんが担当した中でも、よく知られる 児童書には「小さなりゅう」シリーズ(国土社)、「オオカミ少年ドルフィ」シリーズ(学研教育出版)などがある。

 「大人も子どもも楽しめるものを残したい」と小倉さん。「海外の絵本の中には、大人が見ても『これはステキだな』と思える絵本がたくさんある。そういう本を私も残していきたい」とイラストに掛ける熱い思いを話す。

 近年では市内を中心にイラスト講座なども開催。「船橋の知り合いがどんどん増えて、最近は船橋でどっぷりと活動しています」とも。4月には船橋市西図書館で、市からの呼び掛けにより企画展を開催し、連日、多くの人が会場を訪れた。「いつかはストーリーも自分自身で書いた絵本を出したい」と夢はまだまだ膨らむ。

小倉正巳さん【プロフィール】
・1957年 香取市佐原生まれ
・1980年 日本大学芸術学部美術学科卒業都内のデザイン事務所に就職
・1982年 結婚を機に、船橋に転居
・1988年 フリーランスとして活動開始
・2018年 船橋市西図書館で作品「小さなりゅうとなかまたち小倉正巳おしごと図鑑」
 
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
今月のピックアップ/船橋市内のオレンジカフェ...  認知症カフェはオレンジカフェとも呼ばれ、認知症の人やその家族、地域住民、専門職などのだれもが気軽に集える場で、認知症の専門スタッフに相談する事ができるカフェです。安心して出かけられる息抜きの場や、地域住民同士の繫がりを作る場として広がりを見せています。是非ご参加下さい♪ 5/20~6/30の...
ただいま活動中!/船橋西ロータリークラブ... 独立から50周年を記念して 障がい者対象独立から50周年を記念して  世界的奉仕活動団体の「船橋西ロータリークラブ」は、1968年に親クラブの「船橋ロータリークラブ」から独立、今年で50年の節目を迎える。  同クラブでは、50周年事業として「船橋市への車椅子寄付」と、「船橋西ロータリー...
インタビュー!ふなばし子ども未来予想図No.15/認可保育所... 認可保育所 塚田ここわ保育園 昨年4月に開園した塚田ここわ保育園とはどんな園なのだろうか? 栗木敦子園長に、同園の特徴について話を伺った。 塚田ここわ保育園とはどういう保育園ですか?  東武野田線塚田駅から徒歩7分のところにある「塚田ここわ保育園」は、昨年の4月に開園し、美容室経営や設計...
介護屋みらいのよもやま話/平成30年4月の 介護報酬の改正に... 2025年に向けて介護人材の確保が急務  皆さま こんにちは。先月は介護報酬改定に伴う通所介護の記載をさせて頂きました。今月は介護人材に関わることについて少し私見を述べさせて頂きたいです。  6 5 歳以上の高齢者数は、2025年には3,657万人となり、2042年には3,878万人とピークを迎...
今月のピックアップ/船橋市内の子ども食堂... ■こども食堂とは 地域の人たちがボランティアで集まり、人と人を結びつける多世代交流の場ともなっている無料または低額の食堂。 みんなが見守ってくれているから、こどもが1人でも安心して行けるんだ。お腹が空いたとき、みんなでごはんが食べたいときには子ども食堂に行ってみよう! ...
ぐるり船橋 街めぐり/夏見優良店会... 整然と広い道路の街並みが特徴、世代を渡って親しまれる店が点在              船橋駅北口を出て船橋中学校前の坂道を上がると右側に碁盤の目に広がる住宅街がある。そこにあるのは約70 年の歴史を持つ「夏見優良店会」。...
船橋を語ろう!/海老川親水祭実行委員会 会長 相澤 友夫 氏...         桜の時期になると市民の目を楽しませてくれる海老川ジョギングロードの桜並木。長年にわたって、桜並木を整備してきた海老川親水市民まつり実行委員会と環境を考える市民の会とはどういった団体なのだろうか? 山﨑 今回で33回目を迎える海...
ただいま活動中/やかまし村文庫... 本の貸し出しを始めて20年 功績認められ本百冊贈呈される          1997(平成9)年に自宅の約8畳の屋根裏部屋で、近所の子どもを対象に始め た「やかまし村文庫」。個人で行っている、本の貸し出しボランティアだ。  スウェーデンの「や...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ