2016年11月28日 配信

201612_konnichi02_main
千葉徳洲会病院 院長 加納宣康さん

幼少期から「脳膜炎」「貧血」「蓄膿症」「鼻茸」「副鼻腔炎」「赤痢」「虫垂炎」「坐骨神経痛」などたくさんの病気に悩まされ、成人するまでに実に7回は入院したという。何度も病院に通うなかで待合室の患者さんの表情を見て「自分が医者になって、こういう人たちのために働こう」と、医師を目指した。

岐阜大学医学部を卒業し、複数の病院で経験を重ね、国内外の大学で教鞭をとり、96年亀田総合病院主任外科部長・内視鏡下手術センター長・副院長を兼任。

2016年4月より千葉徳洲会病院院長。

これまでで一番記憶に残っている病気は?

医者になってからも病気に悩まされましたが、大人になってからは病気の症状も安定、仕事に専念することができるようになり「完治して丈夫な体になった」と喜び20~40代にかけてはむしろ人並み以上に働いてきました。「24時間365日休みがあったら損と思え」が私の信条。しかし、医師仲間から「そんな無茶な働き方をしていたら40代で心筋梗塞になって倒れる」と、しばしば忠告を受けていました。

40代を無事に過ごし、安心していたら2003年5月23日に53歳で心筋梗塞を発症。心臓が大砲で打ち抜かれたような衝撃に死を意識しました。治療して仕事に復帰、学会出張でインドにいる時に脳腫瘍を発症しました。放射線治療で脳腫瘍と共存しながらハードに仕事を続けてきました。亀田を退職し、千葉徳洲会病院の院長に就任したところ6月に脳出血で倒れました。新しい病院に勤務し働きづめだったのがたたったのかもしれません。

船橋の地域医療に千葉徳洲会病院の果たす役割とは?

4月に私が就任した時、施設や病院規模に対し、医師数の少なさに驚きました。

常勤医師を増やす努力を重ね、来年には医師数60~70人の体制を目標としています。これによって、当病院が保持している先進医療機器を使いこなす専門医が配備できるようになります。適正な医師数がそろうことで若い医師の指導にも力を注げます。これからの当院は良い方向に向かうと確信しております。

略歴

岐阜県出身
岐阜大学医学部卒、同大学付属病院勤務
羽鳥市民病院外科部長、岐阜大学非常勤講師、
松波総合病院外科統括部長、帝京大学講師
マハトマ・ガンジー・メモリアル医科大名誉客員教授
亀田総合病院主任外科部長・内視鏡下手術セン
ター長・副院長兼任

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ