2017年05月17日 配信

201705_murayamatoufuten

新京成線高根公団駅のロータリーから脇道を入った通りに3月24日、昔ながらの豆腐専門店「村山豆腐店」(船橋市高根台1-7-2 TEL 047-404-5303)が移転オープンした。
同店は創業50年になる豆腐店。京成津田沼駅の駅近くで創業者である先代が開業し、今は2代目の村山政文さんが営んでいる。
同店のウリは、井戸水を使って、昔ながらにていねいに作る国産大豆100%の豆腐や湯葉、がんもや厚揚げなどの揚げ物。主力商品は以前と変わらず、国産大豆100%使用の手作り豆腐(230円)、カナダ産大豆を使用したリーズナブルな手作り豆腐(140円)、生ゆば(210円)。
大豆は時期によって異なるが、今は千葉県産のフクユタカを使用している。「生ゆばも一年通して販売しています。わさび醤油や味噌汁に入れて味わってもらいたい」と村山さん。「落ち着いてきたら、近隣住宅への移動販売も行いたいと思っています」とも。営業時間は10時~19時ごろ。時期や天候により異なる。水曜定休。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ