2010年12月02日 配信

いよいよ師走になり、稽古も熱を帯びて参りました。
12月23日の昇級試験にむけて、各自で課題を克服するような練習をいたしました。

「練習は本番の試験のように
試験は練習のように」

いつも高橋先生がおっしゃっていることですが、試験官に見られている意識で練習すると上達するし、かつ、本番の試験は緊張することなく、いつもの練習どおりのことをやれば大丈夫だとか。
まさに言い得て妙だと思います。

というわけで、本日の基本練習は5本ずつの往復(いつもは10本)で、5本目に気合を入れる、という、本番試験モードでの練習となりました。

本日の練習(12月1日)

ウォーミングアップ
基本その場突き
基本その場蹴り
基本移動突き(順突き、逆突き、突きこみ【順・逆】)&それぞれ蹴りを加えて (5本ずつ)
飛び込み突き・飛び込み流し突き

基本組手
2つに分かれて、三本組手と基本組手

形 それぞれの課題ごとに、
平安二段・三段・五段、チントウ、セイシャン

本日の参加者
法典西小2
行田西小1
若宮小1
その他1
成人4
黒帯3
合計12人

関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ