2010年11月18日 配信

今日は後半にミットを使っての実践的な練習を行いました。
先生が空中にミットを構えるので、それを順突き・逆突きのワンツーで突いていきます。
そのときの注意は突いたあと駆け抜けないこと。きちんととまって相手の反撃に備えること、を注意されました。
実際にミットで反撃されると、攻撃と防御のバランスが必要なことが実感されます。
守りだけでは試合にならないし、さりとて攻めっぱなしも隙ができるので、両方をきちんと意識することが大切です。

次に蹴り、ミットを二つ構えて、回し蹴りのワンツーです。
これは身体バランスが重要になってきます。
蹴りをコントロールしていくって難しいですね。

本日の練習(11月17日)

ウォーミングアップ
基本その場突き
基本その場蹴り
基本移動突き(順突き、逆突き、突きこみ【順・逆】)&それぞれ蹴りを加えて
飛び込み突き・流し突き

ミットを使って、突き・蹴りの練習
順突き・逆突きのワンツー
前蹴り、回し蹴り、回し蹴りの二段蹴り(中段・上段)
型 平安二段・初段・三段・四段・五段

本日の参加者
法典西小2
行田西小1
若宮小1
成人5
黒帯2
合計11人

関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ