2015年08月08日 配信

ども、演出です。

無事引越しも終わり、新居での生活にも慣れてきました。

荷物は相変わらずダンボールのままで、何が何処にあるやら分かりません(笑)

カップラーメンを食べるのも一苦労です。

だってお湯が沸かせないんだもん・・・。

いざ食べようと思っても今度は箸が無いし。

見つかった時には麺がスープを吸い込みまくってて量が倍になってました。

そんなダンボールに囲まれた生活の中で誕生日を迎えたオイラ。

そう、今月は神であるオイラの誕生月なのです。

お付き合いのある劇団の代表からお祝いメールを頂いたり。

取引先や団員からもプレゼントを頂きました。

取引先からはビール・ブランデー・ワイン。

そして「飲み」のお誘い。

なべちゃんからはビール。

しんちゃんからはビール。

のぞみちゃんからはウイスキー。

・・・・・。

お前等な(笑)
Σ(・∀・;)

オイラのキャラ頭の中で作りすぎだろ!!

オイラだって水やスポーツ飲料、お茶を飲みますよ?

な〜んて、もらったお酒は3日でほとんど無くなりましたけど。

流石にアルコール度数の高いお酒はまだ半分は残ってますけどね。

連日の暑さで汗を大量にかいているので夜に飲む酒が美味い美味い!!

最高です!!

有難うございました!!

普段は馬車馬の如く動いているオイラですが、こういう時、「オイラはひょっとしてリア充なんじゃないか?」と一人テレテレしてしまいます。

金銭的リア充ではありませんが、人間関係においてリア充というのは何より幸せなことです。

しんちゃんなんか、練習後にコンビにまで走ってわざわざ買って戻ってきてくれましたからね。

本当に嬉しいし、有り難い。

お礼はやっぱり、今後も演出として「やる事をしっかりやる」しか無いと思っています。

頂いたお酒に見合う芝居を作りたいと思います。

さて、今週の練習から2幕の細かい演出を付ける事になりました。

今までが動線を作るという「ザックリ演出」だったのに対し、

台詞の頭の言い方の高さや、

語尾のイントネーション。

掛け合いのスピードや、

間を取る箇所と間の長さ。

役を把握する上での読み込み、

動きの動機付け、

台詞が無い時の立ち方。

等々を決めていきます。

この辺は演出の好みでしょうね。

「流れ」が好きな演出はそういう細かい指示はしないと思います。

でも、オイラは「伝わる芝居」を目指しているので細かいです。

伝わる芝居に必要なものは、

役者の「感情」と「一生懸命」さ、そして演出の「計算」だと思っています。

演出に、お客様の「感動」のツボやシーンの「画」が浮かんでいて、且つ、それを実現できる実力がないと伝わる芝居は出来ません。

それは、演出の「計算」です。

そして、役者は演出の言葉を信じ、一生懸命「演じる」。

一生懸命演じて、役をちゃんと把握した先に「感情」があります。

う〜ん。

最近ブログを更新していなかったので、かなり情報を出してしまってますね〜。

ま、いいか!!

十夢は新人が絶え間なく入ってくるので、今回初舞台となる新人には「なんのこっちゃ」だと思います。

でも、オイラの演出を1年以上受けてきた役者は少しずつ理解してきたと思います。

今日の練習で、ゆきなちゃんとめぐみちゃんの動きが適切でなかったので何回かやり直しをさせました。

で、何度やっても出来なかったので一言だけ加えました。

「自分の役をもう一度考えて、その役の”役割”を理解した上でもう一度動いて。2人の役はこのシーンで何をしなきゃいけない?」

ゆきなちゃんとめぐみちゃんは少し考えた上で、「はい。」と返事しました。

オイラは再度手を叩き、シーンを開始させます。

んで、2人はオイラが納得する動きをしてくれました。

今までやってきた練習とは少々異なります。

「自分で役と役割を考え、動きと連動させる。」

役と、役割は違います。

まず最初に「役の理解」ですけど、

その次は「そのシーンにおける、その役の役割の理解」です。

社会人劇団なのが勿体無いですね。

団員は皆、「出来ない」訳じゃありません。

少しずつですが成長しています。

出来るまで練習させて上げられる「時間」がないだけです。

本当に勿体無い。

出来る出来ないは才能です。が、十夢の皆には才能があるんです。

早くサナギから蝶になってオイラに楽させてね(笑)

その為にはオイラ自身も成長せねば!です!!

頑張るのです!!

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ