2014年10月21日 配信

ども、演出です。

ここまで間が空いてしまうと何日の練習をブログに書いたのか分からなくなりますね。

日曜練習と個人練習をしているので頭の中で情報がゴッチャになってしまいます。

このネタは個人練習なのか、水曜練習なのか。

あの練習したのは日曜練習だったか・・・。

まぁ、さっさと更新しないオイラが悪いのですけど。

なので、ちょっと情報が入り乱れるかもしれませんがご容赦下さい。

まず・・・

十夢祭のチラシが届きました。

A4両面フルカラーです。

表面には十夢に在籍している29名の顔写真がズラッ!と並んでいます。

人数だけなら大手劇団のようです。

ほんの数年前まで3人だったのが信じられません(笑)

近々、船橋駅でビラ配りをする予定です。

まずは警察に行かねば・・・。

なんて事をめぐみちゃんに話したら、

「これですか?」と、

両手を合わせて

御用のポーズ。

お前、オイラの事日頃からどんな目で見てるんだ?(゚A゚;)

道路の使用許可を取る為です!!

と、いうわけで、十夢のチラシが届きました。

次。

身内を褒めるのも何ですが、本当に十夢の役者は「素質」があるヤツが揃っていると思います。

突然何を言い出すんだとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、すみません。

自慢させてください。

本当に才能のあるヤツばっかりなんです。(///▽///)

オイラ(演出)の言葉をキチンと受け止めてくれて、実行してくれます。

そして、感情を爆発させてくれます。

演出冥利に尽きるのです!!

役者がオイラの希望に応えてくれる事も嬉しいですし、

役者が「変わった」事が見ている団員にも伝わり、

団員が役者を褒めてくれるのも嬉しいです。

怖いのが、これが「身内贔屓」でないかどうかですね。

どれだけお客様目線で客観的に判断出来ているか。

もし、オイラが各公演の芝居を観たとして「面白い」と感じることが出来るかどうかを判断基準にしているか、です。

自分的には「客観性」こそがオイラの演出としての長所だと思っているのですが・・・。

それを表現したのが「1,000人分の目線」って事です。

あ、補足ですが、オイラが言う「才能」って、演技力の話ではありません。

「見ている人の心を揺さ振る事が出来る才能」って事です。

部分稽古では出来るんですけどね。

これを通しでやろうと思ったら、多少なりとも演技力が求められます。

演技力は・・・ま、追々ね。(;´Д`)

次。

水曜練習で「地球はチーム」は通し練習をしました。

衣装・小道具・音響・効果音を入れて。

で、

オイラが思った通り、「難有」な通しになってしまいました。

小道具の始末に困る困る。

オイラは意地悪なので、これまでの練習では教えて上げませんでした。

「シーンをちゃんとイメージしろ」と何度も言いましたけどね。

「状況をちゃんと把握しろ」と。

状況【じょうきょう】
移り変わる物事の、その時々のありさま。

移り変わる物・事の、その時のありさま、です。

通しをDVDにして、全員で見ました。

自己への駄目出しはその時に済ませています。

不安や心配、オイラに決めて欲しい事、オイラに確認したい事があるならきっと連絡してくることでしょう。

オイラからの駄目出しを「待つだけ」では成長しません。

成長するわけがありません。

これは地球はチームだけの話ではありませんが、オイラ、最近集中的に練習する役者を選定するようにしています。

それは、オイラが以前皆に指示したこと。

「不安なシーンや確認したいシーンがあったらメールしてくれ」

これにちゃんとメールしてきた役者で、オイラから見ても緊急性を要する役者を優先的に練習するようにしています。

オイラは上記の指示を反省会の時に2回しました。

1回目で直ぐに送ってきた役者が数名。

ほとんどの役者は2回目です。

でも、ほとんどの役者が送って来ました。

でもでも、数名の役者は未だに送ってきていません。

じゃあオイラはどう判断するか。

「メールを送ってきていない役者は不安なシーンが無い」、ですよね。

だから、そいつの練習は後回しになります。

だって不安がっている役者ばっかりなのですから。

・・・・・。

はい。

オイラは甘いです。

ここでこう書くって事は、「教えてる」事になりますからね。

いや、甘いわけじゃないな。

やっぱり「お客様に演出しきれていないシーンを提供」することに抵抗があるだけです。

演出は、本番までに仕上げることが仕事ですから。

最後に。

文化祭本番まで2週間。

特別公演まで1ヶ月。

十夢祭まで1ヶ月半。

副団長のたっし君が反省会の時、毎回言っています。

「体調だけには気をつけて」と。

まぁ、

団員のほとんどが思っている事だろう。

持病を抱えている、

お前が言うなよ。(;゚∀゚)、と。

でも、ほんとにね。

正直、オイラもそろそろ自分の役に没頭したい。

11月に入ったらオイラは自分の役作りを徹底させるつもりです。

役者も音響もSEも照明も大道具も小道具も衣装も何かあるなら10月中に頼むぜよ。

今回はオイラも、役者として入り込みたい。

後悔しない芝居をしたい。

芝居の中で嘘を付きたくないんです。

勿論、11月中も演出として最低限の仕事はするけど、皆、お願いだ。

1ヶ月だけ。

1ヶ月だけ、役者として集中させて欲しい。

相方のめぐみちゃん。

よろしくお願いします!(`・ω・´)ゞ

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ