2014年10月06日 配信

ども、演出です。

関東は台風です。

この時期に台風って・・・季節が段々とズレて来ているんですかね。

やれやれです。

でも、

オイラ、雨は嫌いですが、雨音は好きです。

超が付くほど寝付きが悪いオイラですが、雨音を聞きながらだと少しは眠りにつくのが早い気がします。

季節の変わり目。

団員も数名風邪をひいております。

皆様も体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

さて、

今週は久し振りに「地球はチーム」を中心に練習を見ました。

本当は「文化祭チーム」を見たかったのですが、しゅんき君とせいかちゃんが遅れる為、こちらを見ました。

オイラが気になっていたのはとにかく中盤からラストに向けてのスパートする部分。

今までは台詞が曖昧な役者が数名いた為、演出しきれていませんでした。

台詞覚えてないから、オイラが何回言っても同じ事繰り返すんですよね。

その度に何度も繰り返して、翌週また同じミスをする。

はっきり言って時間の無駄です。

でも、台詞を覚えている役者にはほとんど演出をし終わりましたし、これ以上を望む場合は、台詞を覚えていない役者が出来るようにならないと演出できないんです。

「台詞を覚えない」という事は、自分だけでなく、周りの役者にも迷惑をかけ、レベルを落としてしまうという事をちゃんと自覚するべきでしょう。

そして、何度も何度も、LINEやメール、口頭で「台詞を覚えろ」と言い続けた結果、やっと納得できる状況にはなってきました。

とはいっても、まだ問題な役者が1人居ますけどね。

「台詞を覚えた」といっても、個人レベルで覚えただけです。

これから「掛け合い」を成立させなくてはなりません。

相手が台詞を言った後、終わったのを「確認」してから自分の台詞を言うのでは、それは掛け合い(会話)とは言いません。

文字や言葉を暗記することが「台詞覚え」ではないのです。

相手との呼吸や間を含めて「台詞覚え」です。

ここの認識がちゃんとしていないと、「台詞は覚えているのに、何で覚えてないって言われるんだろう?」になります。

本当の台詞覚えは、「暗記」の先です。

空気感や呼吸を含めて「台詞覚え」なんです。

空気や呼吸を読めていないから自分の台詞の前に余計な「間」が出来る。

で、オイラ、最近この「余計な間」という言葉を変えようと思っています。

余計な「間」というから誤解を受けるんじゃないか、と。

オイラが言っている台詞の前に余計な間が出来るって言葉、正確には「間」じゃないんですよね。

「間」って、様は「思い」なんです。

一番分かりやすいのは「葛藤」。

2つの選択肢があり、どちらを選べばいいか分からない時、直ぐには回答が出来ない時、そこに「間」が生まれます。

他には「照れ」。

告白したいけど恥ずかしい。そして、相手の答えを聞くのが「怖い」。

だから、中々言葉が出ない。

こういうのは「間」です。

そこに「思い」があるから「間」が生まれるんです。

「間」は「思い」なんです。

オイラが言っている「余計な間」って、「間」じゃないんですよね。

相手の台詞が終わった後、それを確認するかのように一瞬時間をズラして台詞を言う。

「保険」って言えばいいんですかね?

だから、どんなシーンやっても台詞を入れるタイミングが同じなんです。

言い合いしているシーンですら、台詞と台詞の間に時間があるんですよ?

普通ならあり得ませんよね?

大きい要因は、

相手が台詞を言い終わってから、

息を吸ってるから。

掛け合いは呼吸とリズムです。

音楽もそうですよね?

ヒップホップにはヒップホップの。

バラードにはバラードの。

民謡には民謡のリズムがありますよね?

どんなミュージックがかかっても、歌い方がオペラでは聞いている人は違和感を感じます。
(オペラ調に編曲してるなら話は別ですけどね。)

とにかくオイラが掛け合いをする際に一番気になるのは、

掛け合いの際に台詞を覚えていない役者が発生させる「余計なタイムラグ」なのです。

言葉として「余計な間」が適切で無いとすれば、どんな言葉を当てはめればよいのでしょうか?

適切な言葉探しに今日も眠れません・・・。

見上げればチームには先週・先々週と通したDVDを見てもらい、自分自身への駄目出し、全体的な駄目出しをレポート用紙に書いてもらいました。

練習後にそれを回収。

今度の水曜にパソコンで打ち込んで皆に配ろうと思います。

やはり、自分の芝居を客観的に見るって大事ですからね。

ただ、録画した動画をDVDにする作業って結構時間を食うんですよね。

今度から誰か替わってくんないかな。

流石にこれじゃ時間がいくらあっても足らん・・・。

チラシも今回はオイラが作ったけど、出来れば他の人に任せたい。

デザイン考えて、イラストレータとフォトショップを使って作成して、印刷会社にデータを送って・・・。

あぁ!睡眠時間が!!

3月の公演終わってから、オイラ、今年はまだ風邪をひいていません。

6月の季節の変わり目も、9月の季節の変わり目も風邪をひきませんでした。

なので、余計怖い。

無理すると、今まで溜まってた分、噴出するんじゃないかって。

ってか、今風邪引くわけにはいかんとですよ。

文化祭や特別公演が1ヵ月後に控えているとですたい!

自分で言うのも何ですが、

結構頑張っているオイラに神様はご褒美を用意してくれているでしょうか?

12月。

十夢祭が終わったら、どこからか綺麗で可愛い女の人が目の前に現れて、

「演出さん。これまで頑張ったからご褒美を、ア・ゲ・ル♪」

なんて言ってくれないだろうか?

・・・・。

いや、

ご褒美って打ち込んでるのに、

「誤報日」って初回に変換されるオイラには、

あるわけねぇな。

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ