2014年10月03日 配信

ども、演出です。

とうとう、この日が来てしまいました!!

以前少々お伝えしました、特別練習です。

女性団員だけの練習・・・

その名も、

漢女(おとめ)練習!!

え?女だらけのハーレム状態で羨ましい?

馬鹿言ってるんじゃありません!

練習名目を良く読んで下さい。

女は女でもただの女じゃないんです。

漢女です。

漢女なんです!!

知ってます?漢女って。

漢(おとこ)らしい女性の事です。

漢女(おとめ)です!!

冗談や話を盛っている訳ではありません。

男性団員が情けないのか、女性団員が逞し過ぎるのか分かりませんが、とにかく強い。

よしながふみの「大奥」みたいです。

あぁ、色んな意味で恥ずかしい。

練習は午後6時から。

やるからには「意味のある」練習をしないといけません。

キャッキャ、ワイワイで「楽しかったね〜」で終わらせるわけにはいかないんです。

折角時間を取って集まっているんです。

少しでも成長してもらわねば。

練習内容を事前に確認しておこうと少し早目に家を出ました。

公民館に到着したのは午後5時半。

すると、ゆかちゃんが既に来ていました。

お前、早いな・・・。Σ(・∀・;)

途中の100円均一で買った小道具を取り出し、ゆかちゃんと遊んでました。

「地球はチーム」で使用する小道具です。

ワンシーン、30秒くらいでしか使わないんですけどね。

舞踏会の仮面です。

早速ゆかちゃんに装着。

おぉ!?意外と似合いますね!!

バッチリ決まってます!!

金メッキが剥がれて、ゆかちゃんの顔をキラキラにしてました(笑)

2人して笑っていると、今度はゆきなちゃんが到着。

練習開始までまだ20分以上あるのに・・・。

で、

ついでなので、ゆきなちゃんにも装着。

何で目が線になるんだよ(笑)

そして、仮面を取ると、ゆきなちゃんの顔もキラキラしてました。

次に到着したのは、ゆきちゃん。

ゆきなちゃんから強制的に仮面を渡されてました。

最初は遠慮していましたが、ゆかちゃんから羽交い絞めにされ、仮面を付けさせられるゆきちゃん。

お前等、練習前に体力無くなるんじゃないか?

人間慣れって怖いですね。

ゆきちゃん、しばらくこの仮面したまま公民館の椅子に座ってましたから。

そして、練習開始まで10分という所で次の犠牲・・・いえ、参加者が。

のぞみちゃんです。

当然、ゆかちゃん、ゆきなちゃん、ゆきちゃんから強制的に仮面を付けさせられます。

そして流石女優。

順応性の早いこと。

今の今まで照れていたのぞみちゃんですが、カメラを向けると・・・

しっかりポーズ取ってます(笑)

「やるからには決めたいじゃないですか〜!!」とは本人の弁。

うむ。その心意気や良し!!

で、その後次々と参加者が。

練習開始時間でしたので、残念ながら仮面で遊ぶのはここまで。

練習部屋へと移動。

漢女練習の参加者は9名。

団長。なべちゃん。

ゆきなちゃん。めぐみちゃん。のぞみちゃん。

さきちゃん。ゆかちゃん。ゆきちゃん。あかねちゃん。

まずは女性陣の衣装決めです。

漢女とはいえ、やはり、そこは乙女。

衣装を決めるのにもの凄く時間がかかるのです。

以前から少しずつ決めていましたが、まだ「決定」までは行っていませんでした。

毎週の練習の合間に決めるのでは無理があります。

ガツッと時間を取らなくてはと思っていたのです。

漢女練習というよりも、オイラの中では半分は「衣装決め」の日と考えていました。

で、事実3時間の内、半分を衣装決めで使用してしまったのですけどね。

でも、9人分の衣装が決まったのは演出として少し楽になりました。

って、そういえば、団長だけはまだ決まってないんだった・・・。

彼女の衣装はかなり特殊だからな。もう少し時間がかかりそうです。

しっかし、本当に女性というのは同性同士だと大胆になるものです。

オイラがいるのに平気で着替えようとします。

オイラの方が気を使います。

慌てて部屋を出るオイラ。

背中から「すみません〜」との声が。

演出モード全開になったら誰がどんな格好してても気にならなくなるんですけどね。

流石のオイラも、この手の事に関しては演出モードに入るまで少々時間がかかります。

でも、そう何度も出入りしていたら時間がいくらあっても足りません。

着替える前にある程度は洋服の指示を出します。

そして、ある程度は重ね着をしてもらい、上の服を脱ぐ、といった時間的節約を心がけました。

これまた「羨ましい」という声が聞こえてきそうですが、オイラの立場は「演出」です。

正直に言います。

今のオイラには「余裕」がありません。

「地球は」は、予定よりも大幅に演出が遅れていますし、

「見上げれば」も、もっともっとレベルを上げなければなりません。

今日中に9人の衣装を決めてしまわないと、確実に「間に合わない状況」です。

以前にもブログで書きましたが、演出の仕事は「本番までに芝居を完成させること」です。

団員全員がオイラを信用してついて来てくれてるんです。

「ゴメン、間に合わなかった!」じゃ済まされません。

オイラのスケジュール計算で全ては動いています。

分かります?

十夢は今、28名の団員がいるんです。

28名の時間をもらって芝居を作ってるんです。

そして、お客様からも時間を頂くんです。

9名の着替えで春先のポチのようにハァハァ言ってる場合じゃないんです。

必死なんです。

超必死です。

このプレッシャーはきつい。

仲間が多いのは嬉しいことですが、その分重圧が・・・。

とにかく、漢女練習に限らず、毎回の練習では1分1秒を大切にしたいです。

で、90分かけて衣装決定。

本格的に練習開始です。

まずは事前体操。

手首足首や腕回し等々。

んで、発声、滑舌、早口言葉。

そして次は、

筋トレ!!?(゜∀゜)

腕立て × 10回

腹筋 × 10回

背筋 × 10回

肘立て × 30秒

足交差 × 30秒

「肘立て」は、床に肘を着き90度に曲げて、つま先を立て、お腹を浮かせます。

床との接点は肘から指先にかけてと、つま先だけ。

それを30秒キープさせます。

慣れないと、もしかしたら男性でも30秒はキツイかもしれませんね。

「足交差」は、クラウチングスタートの体性から足を交差させます。

ピョンと跳ねながら、前に置いてあった足を後ろへ。後ろに置いてあった足を前へ。

これを素早く交差させます。1秒で1往復が目安でしょうか。

これを30秒間続けます。

これも結構キツイ。

上記のメニューをワンセットとして、2回繰り返しました。

衣装決めで時間を食ってしまいましたからね。

本当は3回やりたかったのですが。

今日の練習の趣旨はとにかく「疲れる」こと。

疲れた後、そこから先に何が出来るか、です。

女性陣が漢女なのは、男性陣よりも「その先」を頑張れるからです。

オイラが漢練習をやりたいのは、そういう所です。

疲れた先、限界の先に、どれだけ「頑張ろう!」という意思をもてるか、です。

男性陣にはそういうタフさを持って欲しい。

それは役者としてだけでなく、プライベートでも役に立つだろうから。

筋トレの後は流石に休憩。

でも、たった3分(笑)

その場で体力の回復を図る漢女達。

まだ少し余裕があるようです。

よし!んじゃ、グッタリしてもらうか!!

ってわけで、「よさこい」を踊ってもらいました。

しかも2回。

よさこいは4分の曲です。

4分間踊りまくるんです。

これは疲れますよ〜。

流石に男・女関係なく、容赦なく疲れます。

よさこいをフルスイングで踊る漢女達。

でも、久し振りのよさこいを楽しそうに踊っていました。

笑顔が素敵です。

疲れている中、声も良く出ていたし。

昨年の練習が活きていますね。

で、グッタリする漢女達。

休憩を挟んで次の練習。

とはいえ、残り時間30分しかありません。

本当は「感情開放」やりたかったんですけど、仕方がありません。

肉体的にグッタリしている状態の方が脱力しやすいので「入る」時は入りやすいんですけどね。
(あくまで精神状態が前向きなら、ですが。精神的にも疲れている時は、やっても集中できないのであまり意味はありません。)

エチュードをすることにしました。

それも、ただのエチュードではありません。

「今もらっている役で、シチュエーションに合わせたエチュードをしなさい」です。

例えば、「赤ずきんちゃん」という役を貰っている役者が居たとしましょう。

「赤ずきんちゃん」という役のまま、「カラオケ店員のアルバイト」というシチュエーションでエチュードをするのです。

これは難しい。

役をちゃんと把握していないと、役者としてエチュードに参加することになります。

役者はあくまで役者です。配役をもらっているに過ぎません。

「その役者が演じる赤ずきんちゃん」としてエチュードに参加できるか、肝はそこです。

これが出来るようになると、「台詞は無いけど舞台に立っている時」に、存在しやすくなります。

台本の読み込みとは別次元のアプローチですね。

動機をもってその場に立つことは重要です。ってか、まず、それですね。

でも、上記のエチュードが出来るようになると、「立ち姿」が変わってくるんです。

漢女練習でやりたかったのは、これです。

皆の感想は、やっぱり「難しい」でした。

皆にとっては初めての試みでしたからね。仕方がありません。

でも、この練習は今後も続けていきたいと思います。

そんなこんなでアッという間の3時間でした。

第2回があるのかどうか・・・。

漢女達から要望があれば、やりたいと思います。

漢練習は強制的にやるけどな!!

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ