2013年11月04日 配信

ゴスペル・マムズでは、 メンバーの親睦を深めるためにレクレーションを年に2回ほど行っています。 過去に、ピザ作りやメイクアップ講座、お花見、カラオケ・・・。  今回はレクレーション係の熱い思いで実現したB.B.モフランさんとのジャンベ体験。 ジャンベとはめす山羊の皮で作られたアフリカの太鼓です。 B.B.モフランさんは、コンゴ民主共和国出身で日本在住のミュージシャン。 世界のナベサダと共演したり、劇団四季のライオンキングの初代パーカッション奏者をつとめたりと、活躍は多方面に渡る一方、 母国の子供たちのための音楽とダンスの学校を建設するという大きな目標に向かって活動されています。

まずは、H代表がフランス語で お・も・て・な・し。

レクレーションは、はじめにジャンベを叩く練習。 難しいリズムもモフランさんのユーモアあふれた指導で、できちゃいました!! これには、松本講師も驚き。「譜面に書くととても難しいリズムの連続なのに〜!」 (写真左)
モフランさんいわく、 「リズムは、頭で考えるのではなく、ハートで感じたままに♪」

ジャンベ体験の次は、 モフランさんのミニコンサート。 アフリカのお母さんの歌、Imagine, What A Wonderful World・・・  レイ・チャールズばりの渋い声で歌う、ハートフルな歌声にみんなうっとり。 そして、ゴスペル・マムズのアレンジャー兼ピアニストのKさんが、サックスでコラボ。 ゴスペル・マムズもアフリカの言葉を合いの手に入れたり、もう、贅沢なひとときでした。(写真中央)

ミニコンサートの後は、 みんなで輪になりOh Happy Dayを大合唱。 (写真右) ゴスペルの真髄に触れた、貴重でそして幸せな体験でした。

モフランさん、Tさん、 ありがとうございました!!!
 

ゴスペル・マムズ
主婦であっても、ママであっても1人1人がエネルギーの発光体になれるように!

船橋の主婦ゴスペルサークル「ゴスペル・マムズ」は、
2002年5月に塚田地区のママ友達で結成しました。
指導に当たっているのはその中の1人、メゾソプラノ歌手の松本やすこです。
以来、近隣の市や幅広い年齢層の仲間を増やし活動を続けています。
主婦であっても、ママであっても1人1人がエネルギーの発光体になれるように!
そして、それを合わせて織り成すハーモニーが「ゴスペル・マムズ」です。

■主な活動内容
・月に4回(平日、曜日不定、午前中)、塚田公民館・中央公民館などで定例練習。
・年に1回程、「ドレミんなのハッピーミュージック」というタイトルでコンサートやゴスペル体験イベントを開催。
・要請があれば、各種イベント、公民館、福祉施設などで外部出演を行う。
・活動内容は、『メニュー』をご覧下さい。

お問い合わせは、E-mail / gospelmums2002@gmail.com

※定例練習の見学、体験希望の方は事前にご連絡下さい。

☆☆☆ 今後の予定 ☆☆☆ (日程は急遽変更になる場合があります。)

2017年
【11月】
29日(水)定例練習 10:00~11:50 中央公民館
  ♪ 10:45~ ミニライブ開催 @中央公民館講堂 ♪

【12月】
04日(月)定例練習 10:00~11:50 中央公民館
13日(水)定例練習 10:00~11:50 浜町公民館
21日(木)定例練習 10:00~11:50 浜町公民館

2018年
【1月】
09日(火)定例練習 10:00~11:50 塚田公民館
15日(月)定例練習 10:00~11:50 中央公民館

2018年6月30日(土)
♪ ドレミんなのハッピーミュージック vol.20 @船橋市民文化ホール ♪
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ