2013年11月04日 配信

ども、演出です。

「ゆきなちゃんとの飲み会3部作」も今回がラストです。

2人で飲んだ「居酒屋編」。

どうぞご覧下さい。

携帯で会話をしながら居場所を探すと、すぐ隣にゆきなちゃんが居ました。

電話を切り、どちらともなく挨拶。

「お疲れ様です。」「お疲れ様です。」

「こんばんは。」「あ、こんばんは。」

そして、

オイラ「演出です。」

ゆきなちゃん「ゆきなです。」

何となく自己紹介。

もうね、どこから会話をはじめればいいのか分かりません。

とりあえずお店を予約してあるので移動開始。

ゆきなちゃんと飲みに行くことが決まってから、オイラは事前にアンケートを取っていました。

「28日に食べたいものはありますか?肉。魚。野菜。」

これに対する回答が、

ゴーヤが食べたいです。

・・・・・ゴーヤ?(・∀・i)

ゴーヤって、あの野菜のゴーヤ?

苦いヤツ?

ゴーヤなんてどのこお店でも置いてあるわけじゃないですよね?

ってことは、沖縄料理店かな・・・。

駅付近の沖縄料理店を検索。

1件ヒット。

・・・・・1件しかないのか。

万が一満席だったら移動の時間が勿体無いな。

初めて一緒に飲むのに歩かせたくないし。

と、いうわけで事前に予約を入れたわけです。

そのお店は駅から徒歩5分ほどの場所にありました。

このお店、ゴーヤ好きのゆきなちゃんは数回来た事があるそうです。

オイラが見つけたお店がゆきなちゃんの馴染みの店。これは運命です。

2階にあるお店に入る為階段を上がります。店前ではシーサーがお出迎え。

記念にゆきなちゃんと一緒に写真を撮りました。

お店に入ると店員さんが近付いてきます。

とても活気のあるお店です。

店員「すみません!今満席でして、空いてる席も予約のお客様でして・・・。」

オイラ「あ、20:15に予約している者です。」

よ、予約しておいて良かった・・・。(゚Д゚;)

席に通してもらい、早速飲み物を注文。

嬉しいことに、ゆきなちゃんはビールが飲めます。

っていうか、

ビールが好きです。

女の子でビールが飲める人は少ないので、本当に嬉しいです。

そして、以前から「食べたい!」と言っていたゴーヤ。

オイラはゴーヤ料理をあまり知らないので、ベタにゴーヤチャンプルを頼みます。

と、今日の仕事の時から「海ぶどう」を食べることを決めていたというので、それも注文。

海ぶどうはオイラも好きですが、ゴーヤチャンプルは・・・。

オイラの小学生からの親友は、沖縄出身で、何度か沖縄の家庭料理をご馳走になったことがあります。

小学生の当時、あまり馴染みの無い料理ばかりでしたが、どれもとても美味しく、親友の母親の作る料理は大好きでした。

あれは小学3年の運動会の時でしょうか。

これでも結構足の速かったオイラと親友は、リレーに出ることになっていました。

で、昼食の時、オイラの家族と親友の家族で料理をシェアしながら食べていたのですが、その時、最後の料理で出てきたのがゴーヤチャンプルでした。

親友の母親曰く、「ホラ、これ食べたら力が出るからたくさん食べなさい」ということだったので、一気にかき込むように食べたところ・・・。

にがッ!!ヾ(´゚Д゚`;)

ドンナ、タベモノデスカ、コレワ?

シタガ、マヒシテイルノデスガ・・・。

ふと、隣を見ると親友ものたうち回ってます。

どうやら親友も食べたのは初めてだったらしいです。

水を飲んでも苦さは消えません。っていうか、むしろ増す?

半ば強制的にタッパ1つ分を2人で食べさせられ、ノックダウン状態。

力が出るどころか、吸い取られた感じでした。

当然、リレーも散々たる結果に終わってしまいました。

という、文字通り苦い経験のあるオイラにはゴーヤチャンプルは少々箸の出にくい食べ物となっていたのです。

まぁあれからオイラも大人になったし。苦味を美味しいと感じる年齢になったことでしょう。

チャレンジ、チャレンジです。

で、出てきたゴーヤチャンプルがこちら。

美味しそうに食べるゆきなちゃん。

オイラも挑戦。

う、うん。大丈夫。食べられる。苦いのは相変わらずだけど、力が吸い取られることは無いようです。

ゆきなちゃんは嬉々として食べ進めていました。

美味しそうに食べている姿を見るのは嬉しいですね。

海ぶどう&ビールの組み合わせでも写真を撮りました。

照れずに写真を撮らせてくれるのも嬉しいです。

海ぶどうは、店員さんのオススメは「酢醤油」だったのですが、酢が苦手なゆきなちゃんは普通の醤油で食べていました。

オイラは素直に酢醤油で。うん、美味しい。

美味しいものを食べるとビールが進みます。

ゆきなちゃんも、オイラもビールを追加注文。

で、届いたビールがこちら。

片方のビールが泡だらけ。店員さんは持って来る時は気付かなかったようですが、テーブルに置いた瞬間、ブッと吹き出してました。

店員「すみません!すぐ新しいものをお持ちします!」

オイラ「あ、折角なので、1枚いいですか?」

店員「はい。どうぞ(笑)」

オイラはこのままでも良かったんですけどね。店員さんにこだわりがあるようで「作り直してきます」と言ってくれました。

うん。ここのお店は料理もビールも美味しい。

で、ヘルシーなものばかり食べていたら流石にガッツリしたものを食べたくなったのでステーキを注文。

“あぐー豚”肩ロースステーキGRILL、です。

これは美味かった・・・。(〃▽〃)

写真では量が少ないように見えますが、そうではなく、料理が来た瞬間ゆきなちゃんとオイラで1枚ずつ食べてしまったんです。

orz

2人で同時に「あっ!」と気付いて、急いで写真を撮りました。

ゆきなちゃんは食べ途中の一切れを戻そうとしてましたが、自粛して頂きました。

この頃になるとかなりお酒も入ってきて、緊張はほぼ無くなっていました。

ゆきなちゃんも、普通に話をしてくれていたと思います。

結構いろんな話が出来ました。

ゆきなちゃんからいろんな話を聞きましたし、オイラもいろんな話をしました。

プライベートな話もしましたし、芝居についても話もしました。

特に、芝居について話が出来たのは嬉しかったです。

ゆきなちゃんは覚えているでしょうか?

役者には2通りのタイプが居る話をしましたね?

ゆきなちゃんは今後、どちらのタイプを目指していくのでしょうか?

まぁこれは資質もありますけどね。

具体的にどんなことを話したのか、それは2人だけの秘密。

一つだけ特別に内容を挙げるとすれば・・・・・

何でそんな話になったかは忘れましたが、ゆきなちゃんの目に付いて話しました。

ゆきなちゃんは「私、一重なんですよ」と言いますが、オイラから見ると二重です。

オイラが「え、そう?俺からは二重に見えるけど」と返すと、顔を近づけてきました。

オイラはそれを写真に撮ります。

その写真が、こちら。

左目は二重ですが、右目は一重です。

この写真を見たゆきなちゃんは、「眠いからですかね〜」と言っていました。

ま、会話の内容的にはこんな感じです。

その後は「鍋」を食べて、ゆきなちゃんは〆にデザートを注文。

アイスを美味しそうに、嬉しそうに食べるゆきなちゃん。

デザートを食べてる女の子って、幸せそうで、見ているオイラまでニコニコしてしまいます。

会計を済ませ、外に出ました。

飲み会の開始時間が遅かったので、かなり遅くなってしまいました。

ゆきなちゃんの自宅は徒歩15分ほど。

歩いて帰るというので、途中まで送ることにしました。男子たる者の務めです。

少し肌寒かったですが、酔っている体には気持ちの良い按排です。

ゆきなちゃんを自宅付近まで送り、オイラは駅へ戻ります。

と、

携帯のバイブが振動しました。

またしゅうちゃんがクローバーを送ってきたのか?と思いましたが、ゆきなちゃんからでした。

内容は、「無事部屋に着いた事」「楽しかったという事」「今後も頑張ります!」という事が書いてありました。

そして、写真が添付されていました。

その写真がコチラ。

この時はまだゆきなちゃんのスケジュールを読んでいなかったので、ゆきなちゃんのお気に入りのヌイグルミなのかな?って思っていましたが、仕事でもらったヌイグルミだったんですね。

ブログの更新用に送ってくれたのでしょうか?

お心遣い、ありがとう。

単純に嬉しくて送ってくれただけの可能性もあるけど・・・。

とにかく、時間を割いてくれたゆきなちゃんには感謝です。

いろんな話が出来て良かったです。

やっぱり、

自分の相方がどんな人なのか、どんなことを考えているのかを知ることはとても重要なことだと思います。

それは別に男だから女だからとかではなくて、「男でも女でも」です。

十夢の中でも結構簡単に使われている言葉・・・「コミュニケーション」

ですが、「コミュニケーションって何ぞや?」という問いに答えられる人は何人居るでしょうか?

正解なんてないですよ?コミュニケーションに対する捉え方は人それぞれで良いと思います。

ただ、それに対する答えを持っていないと「ただ会って話をしているだけ」になってしまう可能性が高いです。

勿論、初回の飲み会はそれでも良いでしょう。でも、ただ飲んでいるだけだと「仲良くなる」だけです。

仲良くなることは大切です。ゆきなちゃんと飲みたいと思ったのも仲良くなる為です。

でも、「仲良くなる弊害」というのもあるんです。

極端な話、「言いたいことが言えなくなる」事だって有り得ます。

(仲良しの相手から嫌われたくない、とかですかね)

エンターテイメントを提供するからにはそれだけは避けたい。

自分の考えは自分の考えとして言えるような仲良しになりたいです。

その為には自分の考えを持たないとね。と、同時に意見の違う相手の話を聞く姿勢も。

例えば、今回ゆきなちゃんと飲みに行かなかったらオイラはいつまでたってもゴーヤチャンプルに苦手意識を持ったままでした。

自分が持っていないエリアを持つ人と一緒に行動するのは視野が広がります。

そうしていろんなエリアを持つ者が集まり、一つの芝居を作る。

それはとても大変な作業だと思います。

でも、大変だからこそ、本番を終えた充実感は何ものにも変えがたい宝物なのです。

ゆきなちゃん。

一緒に飲んでくれて、本当にありがとう。

心から感謝します。

ゆきなちゃんの目指す芝居が出来るように、たくさん考えることを約束します。

※ブログ内の写真をご覧になる場合は、下記URLより十夢のブログにアクセスいただけますでしょうか。
http://blog.tomu.tv/?eid=1272499

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ