2013年10月24日 配信

ども、演出です。

最近あった出来事、その1。

たまひよ公演で、オイラと殺陣があるかける君に、参考になりそうな演劇のDVDを貸しました。

役者経験が無いかける君は、当然、殺陣の経験もありません。

自分が殺陣をやっている所のイメージがつかないそうです。

なので、映像として見て欲しかったのです。
ただ見るだけじゃなく、「やがて自分がやること」として。

演劇のDVDはTSUTAYAなどにはあまり置いていないので、購入するか、持っている人から借りなければなりません。

でも、購入するといっても演劇のDVDって高いんですよね。
新宿とかまで行かないと無いし。
最近はネット通販などがあるので助かりますが。

で、結構苦労して手に入れたDVD。

かける君に冗談めかして渡します。

オイラ「かけるちゃん、ほら、DVD。」
かける君「有り難うございます。例の殺陣があるやつですよね?」
オイラ「んもう!かけるちゃんの為に手に入れるの苦労したんだから!」
かける君「すみません。お手数をお掛けしました。」
オイラ「大事な大事な、かけるちゃんの為だからね。」
かける君「有り難うございます。じっくり見ます。助かりました。」
オイラ「じゃあ、ほら、頬っぺにちゅ〜して。」

かける君、一瞬の間の後、

かける君「いいんですか!?」

・・・・・え? (゜ロ゜;)

かける君、オイラは君が分からなくなってきたよ・・・。

まぁ、良い事ではあるんですけどね。

今後のかける君の成長が楽しみです。

成長の方向性にもよるけど・・・。(°Д°)

最近あった出来事、その2。

ある団員について、めぐみちゃんに相談したことがあります。

ある団員とは、「ゆきなちゃん」の事なのですが、彼女のオイラに対する接し方に多大なる不安を感じていました。

ゆきなちゃんが正式に入団したのは今年の4月。
約半年になりますが、彼女とほとんど話をしたことがありません。

入団当初は話すネタもないので、当然会話はありませんが、一緒に練習していれば「最低限の会話」は生まれてしかるべきです。

が、

ゆきなちゃんとは、挨拶くらいの会話しかありませんでした。
練習終わりに皆で飲みに行くこともあるんですよ?
でも、そこでも会話はありませんでした。

オイラが勇気を出して話しかけても、必要最低限の返しをするだけ。

会話がない、というよりも避けられてる感じ?

ベタベタ馴れ馴れしくして嫌われるならまだしも、話もしてないのに嫌われるなんて事、あるのだろうか・・・。

で、

そんな悩みを、ゆきなちゃんと高校の頃から交友のあるめぐみちゃんに相談したわけです。

オイラ「あのさ、めぐみちゃんにちょっと相談があるんだけど。」
めぐみちゃん「はい。なんでしょう?」
オイラ「ゆきなちゃんの事なんだけどね。」
めぐみちゃん「はい。」
オイラ「俺、避けられてる気がするんだけど。」
めぐみちゃん「そうですか?」
オイラ「うん。話しかけてもあんまり会話続かないし。」
めぐみちゃん「そ、そうですか?」
オイラ「嫌われてるのかな?」

めぐみちゃん、少し目をそらしながら、

めぐみちゃん「そんなことは・・・ない・・・と、思いますけど・・・。」

めぐみちゃん、

頼む。

否定するなら、

言い切ってくれ!

オイラ「だ、大丈夫かな?嫌われてないかな?」
めぐみちゃん「はい。だって嫌われるようなことしてないですよね?」
オイラ「と、思うんだけど、自分じゃ分からないから。知らない間に傷付けてたりするかもだし。」
めぐみちゃん「考え過ぎですよ。大丈夫ですって。」
オイラ「嫌われてないなら安心したけど・・・まぁ、あと考えられるとすれば、怖がられてるとか?なんつって。」

めぐみちゃん「あ、怖がられてはいます。」

そこは言い切るんだ。 Σ(゜Д゜;)

・・・・・。

O.K. 分かった。

オイラは、ゆきなちゃんに嫌われてはいない。

ただ、怖がられているだけだ。

・・・・・。

って、だから、

自分の事怖がっている人とどうやってコミュニケーション取るんだよ!?

も、問題が全然解決されていない!!

なんて事を考えていたら、

そんなゆきなちゃんと、

来週の月曜に飲むことになりました。

サシでね。(・∀・i)

現在、どう説明すれば「オイラが怖くないか」を分かってもらえるか考え中です。

今から緊張しています。

多分、最初で最後のチャンスです。

「すべらない話」でも用意すればいいのか?

笑わせればいいんでしょ?違うの?

もう分からないよ、ママン・・・。

10/28(月)、どんな飲みになったかは、書ければブログで報告します。

もし何も書かなかったとしたら、察して下さい・・・。

さて、

今週の練習ですが、文化祭に関しては主要メンバーが2名ほどお休みだった為、代役を立てて反復練習をしてもらいました。

なので、メインは「たまひよ公演」です。

まだ動きを付けていない所をやりました。

まだ台詞に不安があるようなので、台本を持ってもらいます。

じゃないと、進みが悪くなるんですよね。

とにかくこの日の練習は動線を進めるのに注力しました。

今週中には第1幕を終わらせてしまいたいです。

文化祭が終わった段階では通せるようにしたいですね。

・・・大丈夫なのかな?

台詞覚え、皆ちゃんとやってるのかな?

どうも最近、勘違いされているようなんですどオイラが言っている「台詞を覚えてください」が、「今日練習したシーンの」って意味で言ってると捉えている人がほとんどのような気がします。

オイラは、「第1幕の台詞を覚えてください」って言ってるんですからね?

1幕全部です。全部。

もう3ヶ月経つんですから。

で、

更にちょっと困ったことがありまして・・・。

練習の最後の方で、オイラの練習時間をもらうことにしました。

第1幕の台詞を覚えたので、掛け合いの確認をしたかったのです。

オイラの台詞のシーンを何度か繰り返したいと思っていました。

が、

無理でした。

オイラの練習どころか、

ほぼ全員、

台詞を忘れてる。(;゚д゚)

あれだけ練習した動きも忘れてました。

皆はどう思ったのでしょうか?

オイラは決めましたよ。

台詞を覚えていない役者順に、まだ役に付いていない人をアンダーで付けていきます。

アンダーの方が台詞を覚えていたら代えます。

ダブルキャストもそうです。

現在はゆきなちゃん、めぐみちゃん、のぞみちゃんをメインに練習していますが、なみちゃんやゆきちゃん、あかねちゃんの方が台詞を覚えていたら、そっちをメインにします。

組み合わせとしてではなく、あくまで個人で。

ですから、なみちゃん&めぐみちゃんのペアの可能性もあります。

どんな事にも最低限の礼儀というものがあります。

舞台に立つ最低限の礼儀は、「台詞を覚えていること」です。

運転できないタクシードライバー。

診療できない医者。

不潔な料理人。

プログラムが出来ないSE。

全く知識の無い占い師。

有り得ませんよね?

台詞を覚えていない役者も有り得ません。

ですから、出来ないなら、出来る人と代わってもらいます。

これだけ何度も「台詞を覚えろ」と言ってきて、

「覚えられないなら相談しろ」と言ってきて、

「個人練習もやる」と言っているのに何も言ってこず、

毎週同じ事を繰り返すなら、オイラも流石にフォローできません。

ここ最近のブログの内容も、小姑みたくなって嫌なんですよね。

舞台に立ちたいなら、

自分の役は、自分で守ってください。

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ