2013年01月29日 配信

海神教室での稽古

基本
移動の蹴込 スピードはよいのでもっと膝・腿を上げて
下の方でチョロチョロした蹴りになっている

順突きの突込み
上級者は拳を返さないで最初から縦拳で構える
遠くの目標にリーチを伸ばして突く気持ちで
且つインパクトのあとはすぐに脱力する
肩甲骨から使えるといいかも

チントウ
後屈だちからの移動
スピードをつけること。
回転の動作を早くするだけではなく、決めから次の動作にうつる
挙動を早くする
決めは大事だが、そこで一息ついているのが良くない
しかし、ブレないし、しっかりと伸ばすこと

セイシャン
運足 左右の運足のバランスが悪くて中心線を離れてしまった
(右が大回転 左が小回転)
セイシャンは上半身がピクリともしないで移動する形だから
下半身の土台づくりはとても大切
すり足の時は脱力するが、足の場所を決めたら、グッと力を入れて
踏ん張ること。
内ももに力を入れて踏ん張ること
後ろから押されても土台は動かない。
前足のかかとを切ってノの字を書く必要ない。
移動の中で自然に切れれば良い

全体的にまだ力みが取れないので
リラックスするように

関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ