2016年12月12日 配信

皆さんこんにちは!団長です!

さて、いよいよメインキャストの御紹介をさせて頂こうかと思っていましたが、その前にちょっと特別にあるメンバーを紹介させて頂きたくて・・・お付き合い頂ければ幸いです。

まず今回の主役は・・・

ニコちゃん!!

ニコちゃんは最近入ったばかりの新人さんです!

呼び名の通りいつもニコニコしています(^^)

ニコちゃんはその呼び名からは想像できない体格をしています。

柔道の経験者だそうです。

なるほどです!!

実は私、このブログを書き始めた頃、ニコちゃんを書くか迷って今更の登場になってしまったのです。

他の新人さんは入団してから暫く経っていましたが、彼は本当に入ったばかりで続くかどうか不安でしたからね。

本人は楽しいって言ってたけど、最初は皆楽しいものです。

初めて経験する人は特に新しい世界に楽しさを見い出せますから。

でも、ニコちゃんはもう楽しいだけではない練習にもちゃんとついてきてくれいます。

私が終礼で発した言葉を次の練習の時にすぐに実践してくれました。

できてるかどうかが問題ではありません。

ちょっと凹んでいる時もありましたが、それでも休まず練習に来ています。

これって実は結構凄い事なんです。

まだまだ叱られる事は多いけど、それは先輩方も一緒だからね(笑)

これからも負けずに笑顔で頑張って欲しいです♪

ですが今回は体調を崩してしまい舞台に立つ事ができません。

残念です。

次の公演からは一緒にやりたいので早く治って欲しいですね。

 

さて、次の主役は・・・!

・・・と、いつも通りにいきたいのですが…。

実は今回は複数名を紹介させて頂きたくて…。

私にとって、今回この「月光を継ぐもの」を公演するにあたってどうしても外せないメンバーがいます。

そのメンバーというのは今はもう団員としては活躍していませんが、間違いなく、今の月光を一緒に作り上げてくれた仲間です。

 

いっちゃんは休団中も殺陣作りの為にわざわざ個人練習に来てまで協力してくれました。

ひでっちは途中までだけど緋炎役として頑張ってくれたし、何より仲間を和ませてくれました。

トリスさんは組み手の指導をしてくれたり、演技で気になる部分があれば遠慮がちにですが、意見を言ってくれました。

あさみんは影の動きを一生懸命やってくれたし、メンバーの出席率が悪い時に代役も沢山こなしてくれました。

そして十夢の公演の時には必ずメッセージをくれます(////)

わたさんは普段大人しいけど、ここぞという時には誰よりも積極的に協力してくれたし、場を和ませてくれたりしました。

正直、月光チームは一時期進展が見られず、荒んでいる時期がありましたからね。

彼ら彼女らの存在は私にとって、凄くありがたかった(^-^)

それぞれが諸事情により今回の舞台に立つ事はできませんが、皆舞台に立ちたかったはずなんです。

今団員として頑張っている皆は、ただ自分が楽しむだけではなく、今でも応援してくれる仲間の為にも頑張らないとね。

少なくとも今回の作品はそれを背負えなければメインキャスト失格です。

決して厳しい事を言っているつもりはありません。

他にも背負わなければならないうちの1つに過ぎないんですから。

役作りの1つだと思って頑張って欲しいです。

話がそれてしまいましたが、ここに敢えて名前を挙げていないだけで、素敵な仲間が十夢には沢山います。

ありがたい事であり、とても嬉しい事であり、凄く幸せなことです。

この場をお借りして、今までの仲間たちにもお礼が言いたかった!

身内ネタを最後までお読みくださった皆様、大変失礼致しましたm(_ _)m

十夢が熱い理由がこういう仲間に囲まれてるからなんだなぁ、っていうのが少しでも伝わって頂けたなら幸いです!

 

次回からいよいよメインキャストを書いていきます!!

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ