2017年03月19日 配信

こんにちは!
十夢のお母さんことなべちゃんです。

今年は花粉が多く飛んでいるとのことですが、花粉症の方、大丈夫ですか?
私は幸いなことに今年はあまり症状が出ていません。

さて、月光チームは・・・

ぼちぼち演出に見ていただけるようになり、これからは新作チームも練習に合流します。

先日の練習では10~15秒ほどのシーンを作りましたが、それだけで練習時間がほとんど終わってしまいました。

殺陣を作る、半分が代役、新人が多い、そういう状況ではありましたが思うように進みません。

最後にもみじ村のシーンを少しやった時に私も代役でセリフを言うことになったのですが、人数が多くて盛り上がりすぎたため、セリフのタイミングを逃してしまってモーレツに反省しています。

盛り上がる時は盛り上がる、やるときはやらなければならないのです!

これから演出に求められることが増えてきます。
すぐにできる人なんていません。
でも演出の求めに本気で応えることが必要なんだと思います。
できるかできないかではなくとにかくやるんです!

少し話が変わりますが、
前回の練習で久しぶりに感情解放をやりました。
全身全霊で「笑」「泣」「怒」をやります。

感情解放というと私の中では発声や滑舌と並び、最も劇団の練習らしい練習の一つだと思っています。

私のバイブルである「ガラスの仮面」でも基礎練習で感情解放をやる描写があり、劇団の練習とはこういうものだというイメージがありました(笑)

でも実際やってみると想像より難しいです。
どうしても頭で考えてしまうんです。

生活の中で笑ったり泣いたりするときに考えたりしません。
自然と湧いてくる感情です。
それをフラットな状態からあえてやるのは本当に難しいです。

大切なのは自分の中でイメージすることだと思います。
その時の感情を再現するという感じです。

また滅多にやりませんが、全身全霊ですべての感情を出し切るというのがあります。
私も実際には一度しかやったことがありません。
それもできていたかどうか不明です。

新しく入団された方はそれを見たり体験したら、もしかしたら辞めてしまう人もいるかもしれません。
おそらく今までの人生の中で感じたことのない感情だと思います。
(中には感じたことがある人もいるかもしれませんが…)

でも十夢でお芝居をするには、演出の求めに応えるには、必要なことなのだと思います。

少し堅苦しい話になってしまいましたが結局何が言いたいのかというと、どんな時でも本気でやるということです。

「月光」本番まであと1か月と少しです!
団員一丸となって頑張りたいと思います!

今回も読んでいただきありがとうございました。
これからも「団員は民である!(仮)」をよろしくお願いします。

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ