2017年03月06日 配信

ご無沙汰しております。
次の公演に向けて新たな行動を移している団長です!

今回あえてこのタイトルにしたのは、演出からの発表もありましたし、ホームページ上でも大々的に載せているので今更だとは思ったのですが、団長自らあらためて発表する!
今回に限りこれは団長のケジメだと思ったのです(*´`)
だって、私が「こんな直近で再演なんて絶対にやりたくない!」って言ったら、きっとこの我が儘は十夢ではまかり通ってしまうと思うのです。いえ、「思う」ではなく絶対にそうなんです。

再演に対し最初はノリノリでした。私は前回の本番で「衣伏」という役になれなかった。
リベンジの機会がもらえるなら、何がなんでもやりたい。

実際前回の本番はお客様からの評価も高かったし、観に来たくても時期的に来られないお客様もたくさんいました。
それと、本当は3月には新作メンバー以外でもう一本新しい事をする予定でしたが、現実的に考えてクオリティの低いものしか作れないとの結論に達しました。

だったら!!と再演の話にたどり着いたのですが、いざ本当に再演を考えた場合、いろんな不安がよぎりました。

まず第一に主役である月影役のあっさんが、新しい道に進むため退団が確定していたこと。

第二に新作チームはさすがに次の作品に向けて練習を始めなければならない為、スタッフも含め、団員の半数が月光チームから抜けてしまうこと。
とはいえ、本番は全員出る為、本番近くには新作の練習を一時中断して月光の練習に参加してもらわなければなりません。

第三にある意味成功という形で、そして、やりきった公演をもう一度直近でやるというのは、モチベーションを上げてやるにはメインキャストにとっては実はかなり大変だということ。

第四に月光のメインキャストにも付いていなく、新作にも参加しないメンバーが数人いるという事。
この子達のモチベーションを維持するのはメインキャストよりももっと大変です。
前回は台詞が無い役だったけど、今回から台詞をもらえた役者はまだそれをモチベーションにする事ができます。
月光の本番直近前後に新しく入った新人さんについては役がもらえるだけでも満足して欲しいと思います。
今は頑張って十夢の芝居がどういうものかを体験してもらわなければならないので、モチベーションどうこうの話ではなく「いいから一生懸命やりなさい」という話なので、心配はしていません。
一番の心配は、新作にもメインキャストにもついていない前回と同じ出番・同じ台詞量の役者。
練習に来てもほとんど自分の出番が無く終わってしまうことだってあります。

上記の事を思うと、なかなか踏ん切りがつきませんでした。
むしろ今までは周りがどうするか悩んでも「いいからやろうよ」か「それはやめよう」と即決タイプだった私が、どうしても決断を下せずにいたのです。

でも、代表者がそんな状態ではダメですね。覚悟を決めて「やる」と決断し、年明けの練習時に皆に発表しました。

団員の反応についてはまた別の機会に話せればと思いますが、結果、誰一人として反対する事なく、文句も言わず、ただただ受け入れてくれました。それはもしかしたら反論の術を知らないだけなのかもしれませんが…。
でも結果がそこにはあったのです。
なのに、私が迷っていてはいけないのです。素直に受け入れてくれた団員達に対して失礼なのです。

なので、このブログを通して、敢えて今、宣誓です。

4月23日(日)「月光を継ぐもの」再演!前回よりも更に『伝わる』公演にします!

団員の皆!残り時間耐えてください!
そしてお客様!楽しみにしていてください!

そして私は、もうちょっとブログの更新を頑張ります(^^;)

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ