2016年09月21日 配信

ども、演出です。

十夢のホームページを作ったのが今から8年前。

2008年の事です。

オイラが入団した年です。

当初は団員が3名しかいなくて、全員役者。

照明や音響等のスタッフはいつも誰かに頼んでいました。

幸い、芝居仲間は何人か知り合いがいたので、何とか公演は打てたのです。

でも、3人で演じられる台本なんか数多くあるわけではありません。

探して探して、やっと見つけても、

オイラが「楽しい」「やりたい」と思える台本ではありませんでした。

で、それなら自分で書いてしまえ!と作ったのが「月は今日も僕を見ている」という作品です。

どうせ書くならガッツリ見る人を泣かせるような作品がいい!

何度見ても泣ける濃度の濃い台本を書こうと、目標を定めて書きました。

「ただ面白だけ」の台本は書きたくなかったのです。

まぁ2作品目の「明け方の月に天使は踊る」は、「ただ面白いだけ」の台本が書きたかったんですけどね(笑)

オイラは必ず台本を書く前に目標を決めます。

「誰が、いつ、どこで演じても」その目標が達成できる台本。

それがオイラの理想です。

十夢初めてのオリジナル作品「月僕」を終えて、打ち上げの時です。

またしても「次の台本は・・・」という問題が発生したのです。

団長は「どうせ書いてくれるんでしょ?」という視線を送ってきました。

決して言いはしません。

無言の圧力で訴えてくるのです。

やり方がヤクザの手口です。

オイラは「団員が・・・団員が欲しいっ!」と星に祈ったのです。

が、祈ったトコロで自然に増えるわきゃありません。

動かなければ、何も生まれないのです。

幸い、多少WEBの知識があったオイラは、ホームページを作ることにしました。

おかげで沢山の仲間に出会う事が出来ました。

今では20人を超える劇団に成長したのです。

2015年の記念すべき第10回公演では、27名の役者が同じ舞台に立ったのです!

まぁ~オイラが入って来る新人全員を直ぐに立たせちゃいますからね。

結果、スタッフを外部から呼ぶっていうね(汗)

「人数増えてもやること変わってないじゃん!」状態です。

えぇ、そりゃもう「ご利用は計画的に」なのです。

でも残念ですが、いつまでもいつまでも27人で芝居は出来ません。

新たな場所を求めて旅立つ者が数名。

仕方がありません。

再び団員募集をしようとブログを再開することにしました。
(別にサボっていた訳でなく、新作書いてたんですけどね)

で、

思ったのが、

「サイトが古臭い」

です。

スマホにも対応していません。

千葉の劇団では最先端を行きたいオイラは、現状を憂うのです。

イカン!こりゃイカン!!

んで、

決心しました。

サイトを作り直そう!!

この忙しい時に何を考えてるんだか(笑)

でも、広報・露出は大切ですからね。

情報提供の仕方も、その見せ方も。

十夢にとっては重要な事なのです!!

んでもって、

折角なので、サイトが段々出来上がるトコロをご覧頂こうかと思いまして(笑)

重要な「お問合せ」は早急に作り、

それが出来たらゆっくり進めていこうかと思います。

PCでも、スマホでも、タブレットでも見れるサイトにします。

理想とするサイトが完成するかどうか・・・。

お楽しみにっ!!

こうやって公開しながらじゃないと、

サイトが完成しない

んじゃないか。という鋭い突っ込みはしちゃ、やよ?

2016年9月21日 00:00から作業開始予定

劇団十夢 - 現状のHP
http://tomu.tv/

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ