住所 〒000-0000
電話番号
ホームページ
MyFunaカード特典 1品サービス
取材記事
取材画像

 船橋に本社を構える食品会社・石井食品(船橋市本町2-7-17 TEL047-435-0141)が8月18日、地元住民が集える「食文化・健康・福祉」をテーマとしたコミュニティハウス「Viridian(ヴィリジアン)」をオープンする。

 同社は、無添加調理をテーマとする加工食品を製造販売している食品会社。施設名の「Viridian(ヴィリジアン)」はラテン語で「緑の進化」を示す。

 緑の進化=同社の理念としてかかげる無添加調理の進化という考えをもち、同社の商品を進化させ提供することで、より豊かなライフスタイルの提案と手助けをしたいとの思いが込められているという。

 同施設は、5つのテーマごとにブースを設け展開しており、館内にはキッチンや音響機器、食の書物が自由に観覧できるライブラリーなどを常設。市民の活動場所としても提供しており、セミナー、料理教室、音楽会、展示会、市民団体の会合の場など、自由に使用することができる。施設内は、全てバリアフリーになっている。

 入口すぐ横の「健康」ブースでは、低カロリー食や、野菜を採れる献立作り、減塩食やアレルギー対応など、食事内容の提案まで行っている。ブース内の直売所では、同社の全商品と千葉の地酒やワインなども販売する。

 イートインスペースも兼ねる「時短調理」のブースでは、同社の商品と千葉の野菜を使用した10分~15分で調理できる料理を提案。それらの料理を注文でき、直売所で購入した商品を食べることも出来る。

 他にも、同社の商品内容や製造工程などは、すべてブースに併設しているパソコンで観覧できるようになっている。「安心安全」のブース、季節ごとの行事に関する食事や食器、由来などを学べ、お祝い事を演出する提案や、グッズ、書籍などを販売する「旬・ハレの日」のブースも展開する。

 玄関先に広く設けられたエントランスの「娯楽」ブースでは、定期的に、規格外野菜をディスカウント価格で販売するマルシェを開催。「野菜の形が大きすぎる、曲がっているなどの理由で出荷できないけど鮮度と味は変わりません。社員が農家をトラックでまわって集めるので、かなり安く提供できます」と、担当者は意気込む。

 また、旬のテーマを設け、サッポロビール千葉工場協力のもと、お酒と季節の野菜を味わえるバルイベントも随時行うという。「会社帰りに一杯のんで一息入れる『立ち飲み』を作るのが弊社会長の夢でした」とも。

 利用日時は、10時~18時(月~土)。イベントや利用者の要望に応じ、変更していく予定。問い合わせは、047-435-0141 石井食品広報課。

<2014年08月13日 配信>